販売促進の専門メディア

「店員力」で売り上げを伸ばす

癒しの空間と会話でブランドの世界へ誘う、テラリウム表参道

アルビオン

アルビオンは3月、東京・表参道に新業態「テラリウム表参道」をオープン。自然派コスメ「インフィオレ」シリーズを販売するほか、無料で試せる足湯もあり、同社の考えるオーガニックカルチャーを発信する。体験できる場を多く設けた同店では、店員がどんな提案をしているのか。

入口そばにある足湯スペース。お湯を張る器は信楽焼きの陶器。入浴剤を入れる時に使うグラスは琉球ガラスで、同店に関係のあるエリアの伝統工芸品も取り入れた。こうした細かなこだわりも顧客との会話のきっかけになる。

五感で癒し顧客の探求心をくすぐる

ガラス張りの3階建ての路面店「テラリウム表参道」。森をイメージした店内は、切り株のオブジェや川のせせらぎの音など、随所で自然を感じさせる。入口に立ち、まず目に入ってくるのは、白神山地や沖縄で撮影された美しい映像が流れるデジタルサイネージと足湯だ。予約なし無料で入れ、入浴剤の香りが、来店者をリラックスさせる。

「3種類の入浴剤をお試しいただけます、香りを嗅いでみますか?」出迎えてくれたのは、アンバサダーの前川円氏だ。アンバサダーという役職は、アルビオンの他店舗にはなく、テラリウムならでは。オリジナルの自然派コスメを揃える同店が考える「オーガニックカルチャー」を、顧客に伝える役割を担う。

「来店されるのは30~40代の働く女性がメイン。忙しくされているお客さまには、五感で癒されてほしいです」と話す。

最近では、足湯のことをすでに知っていて楽しみにしている来店客も多く …

あと69%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

「店員力」で売り上げを伸ばすの記事一覧

「店員力」で売り上げを伸ばすの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する