販売促進の専門メディア

店の魅力の打ち出し方

家族連れ・会社員・旅行者…ニコタマに変化もたらす「二子玉ライズ」

二子玉川ライズ・ショッピングセンター・テラスマーケット

「二子玉川ライズ」は、東急電鉄が30年かけて磨き上げた東京・二子玉川再開発プロジェクトの結晶に等しい。そのライズが2015年の第二開業で、同エリアの進化をさらに加速させている。

「二子玉川ライズ・ショッピングセンター」外観。休日に周辺のファミリー層を集めるだけでなく、平日にもオフィスワーカーや宿泊客の人気を集めている。

開業イベントで13.4億円売り上げる

東京・二子玉川駅の周辺エリアが活況だ。東急電鉄の4~9月期の二子玉川駅の乗降客数は前年同期比16%増だった。同エリアを訪れる人のお目当ての一つは、2015年ゴールデン・ウィークに開業した「二子玉川ライズ・ショッピングセンター(SC)・テラスマーケット」だろう。「二子玉川ライズSC」の「第二期開業」として新たにオープンした新商業施設だ。

「テラスマーケット」は、「109シネマズ二子玉川」を含む17店舗を第一弾としてオープンし、翌5月3日に第二弾として「蔦屋家電」の営業をスタートした。

4月24日から5月6日に開催した開業イベント期間中で、約3億円の売上高を記録した。第一期開業の「二子玉川ライズSC」にも相乗効果をもたらし、同SCの売上高は期間中、前年比27%増の13億3800万円をマーク。来館者数は10万9000人で、この期間中の二子玉川駅乗降客数は前年比26%増となった。

オープニングイベントは「縁日」をテーマに実施。オランダの彫刻家・物理学者であるテオ・ヤンセン氏を招き、同氏が手がけた芸術作品「ストランドビースト」を商業施設としては初めて展示した。加えて複合型イベント「ENNICHI by太陽と星空のサーカス」を開催。ライブパフォーマンス、ワークショップ、マルシェ、映像作品の上映などを組み合わせ、約200におよぶイベントを用意した。

テナントで目を引くのは ...

あと65%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

店の魅力の打ち出し方 の記事一覧

2000人の行列を生んだ三段階の開店告知
人の流れも変えるこれからの商業施設
専用テレビ放送も実施 「エキスポシティ」は万博の賑わいをもたらすか
地元企業も新たな試みに賭ける ららぽーと立川立飛は地域連携が武器
東急プラザ銀座、「何でも揃う街」でどう特色を出すか
家族連れ・会社員・旅行者…ニコタマに変化もたらす「二子玉ライズ」(この記事です)
特別招待会で顧客化、アトラクションで集客
“運動できる”商業施設でリピーター客をつかむ
商店街と組み、大分県を盛り上げる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する