販売促進の専門メディア

店の魅力の打ち出し方

“運動できる”商業施設でリピーター客をつかむ

もりのみやキューズモールBASE

大阪城公園にほど近い大阪市中央区に2015年4月、「心と身体の健康」をテーマにランニングトラックやジムを備えた商業施設がオープンした。

「日本初!走れるショッピングセンター誕生」を謳った同施設。その、最大の特徴であるランニングトラックは施設全体を囲うように設置されている。

「スポーツ」コンテンツでリピーター化

東急不動産および東急不動産SCマネジメントが運営するショッピングモール「キューズモール」。その4施設目となる「もりのみやキューズモールBASE」は、カフェ、アパレル・雑貨店、薬局など多種多様な49店舗の出店に加え、ランニングトラックなどユニークな設備も備えた商業施設だ。

屋上に設置された1週約300m、3レーンのランニングトラックからは大阪城が見え、フィットネスクラブには最新のランニングウェアやシューズ、タオルなどをその場でレンタルできるオプションサービスもついている。

「手ぶらで来て、運動して、シャワーを浴びて帰れますので、平日の会社帰りや休日にフラッと訪れ、体を動かしていく人が多いですね」(東急不動産SC マネジメント 関西運営本部 大門康弘氏)。

そうした「スポーツ」目的で同施設を利用する人にはリピーターが多く、年間来場目標400万人に対して、半年で約320万人を記録。年間では500~600万人台に着地すると見られている。

「スポーツは継続することで効果が出ますから ...

あと65%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

店の魅力の打ち出し方 の記事一覧

2000人の行列を生んだ三段階の開店告知
人の流れも変えるこれからの商業施設
専用テレビ放送も実施 「エキスポシティ」は万博の賑わいをもたらすか
地元企業も新たな試みに賭ける ららぽーと立川立飛は地域連携が武器
東急プラザ銀座、「何でも揃う街」でどう特色を出すか
家族連れ・会社員・旅行者…ニコタマに変化もたらす「二子玉ライズ」
特別招待会で顧客化、アトラクションで集客
“運動できる”商業施設でリピーター客をつかむ(この記事です)
商店街と組み、大分県を盛り上げる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する