販売促進の専門メディア

店の魅力の打ち出し方

商店街と組み、大分県を盛り上げる

アミュプラザおおいた

大分の街を活性化するという使命のもと、2015年4月16日にオープンした「アミュプラザおおいた」。その活動の数々と、年間2000万人が訪れようとしている成果の要因を聞いた。

img01

開業告知キャンペーン「ひらけ★おおいた」実施時に、地元商店街の人々と作り上げたグラフィック広告やCM、冊子、イベントなど。キャンペーンの集大成として、1万人の大分市民が参加して歌うイベントも開催した。

大分の人々と作り上げた開業広告

「開業を機に、大分県の中心市街地の求心力を郊外から取り戻す」という目的のもと、大分の街や人を主役にして展開された「アミュプラザおおいた」の開業告知キャンペーン。

大分の街や人々がもともと持っている魅力を解き放つ・ひらくという想いを込めたキャッチフレーズ、「ひらけ★おおいた」を合言葉に同キャンペーンは進められた。

「表層的な表現に留まるのではなく、制作プロセスの中で、大分の人々と触れ合い、アミュプラザおおいたを中心に街がひとつになっていく姿が理想だと思っていました」(JR大分シティ 営業本部 営業部 加藤文和氏)。

告知に向けたグラフィック広告制作では、同施設ではなく、地元の商店街を舞台にお店の人々のポートレートを撮影。さらに、大分の街中の魅力を詰め込んだ冊子「ひらけ★まちなか」や …

あと69%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

店の魅力の打ち出し方 の記事一覧

2000人の行列を生んだ三段階の開店告知
人の流れも変えるこれからの商業施設
専用テレビ放送も実施 「エキスポシティ」は万博の賑わいをもたらすか
地元企業も新たな試みに賭ける ららぽーと立川立飛は地域連携が武器
東急プラザ銀座、「何でも揃う街」でどう特色を出すか
家族連れ・会社員・旅行者…ニコタマに変化もたらす「二子玉ライズ」
特別招待会で顧客化、アトラクションで集客
“運動できる”商業施設でリピーター客をつかむ
商店街と組み、大分県を盛り上げる(この記事です)

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する