販売促進の専門メディア

Pick Up!(PR)

本質を見極めたSP・デザイン開発

プロスパーグラフ/ワークバンド

SPツール、店頭什器など他ブランドとの差異化を意識し、消費者の印象に残る企画や施策を考えてくれるパートナーが求められている。デザインから印刷、什器、施工までを高い水準で一貫して行うプロスパーグラフ/ワークバンドは、有力な選択肢の一つといえるだろう。

「ワークバンド」のメンバー。
一番左が代表の古屋貴広氏。

デザイン部門を分社化し、質向上

JPMクリエイティブデザインショーの大賞(経済産業大臣賞)を受賞するなど自立POP制作に定評のあるSP&デザイン会社のプロスパーグラフ。社名の由来は仏語で“栄える集団”という意。東北地方を中心に印刷業を営んでいた前身から社名を引き継いだ。企業が中長期的に成長を続けるためには、SPや什器などの細かいツールにもブランディングを体現させるべきという理念の下、ブランディングを第一義と捉え、売り場に対して何がもっとも効果的か、消費者に対して何がもっとも伝わるかを追求してきた。アパレルやスポーツメーカーなど多種多様なブランドの価値向上、販売促進のためのハイクオリティな制作物を提供している。

高い水準の制作物を量産するために、また一人ひとりのデザイナーのレベルアップのために同社ではデザイン部門を分社化している。グッドデザインカンパニーを経て独立した古屋貴広氏を代表に迎え、2013年、同じ建物内にデザイン会社ワークバンドを設立。SPツール、什器制作に留まらず、広告グラフィックからウェブサイト、空間デザイン、3D制作などさまざまな領域を得意とする14人のデザイナーが所属している。「グループ会社とすることでお互いにほどよい緊張感を保ちながらクライアントの要求にきめ細かいサービスを提供しています」(プロスパーグラフ 取締役/アカウント エグゼクティブ 渡辺克礼氏)。

    アディダス
    「adizero crazy light」の自立POP

    アディダス史上最軽量のバスケットボールの「軽さ」を訴求するため、現物のシューズを浮遊させた演出を行った。ターゲットの中高生に向け、商品を鮮烈に印象付けている。仕掛けは磁石による電磁波を利用している。ファンで送風し、宙に浮きながらくるくると回転している。JPMクリエイティブショーの経済産業大臣賞を受賞。

前例のないことに果敢にチャレンジ

同社の強みを象徴する二つの事例を紹介しよう。一つはアディダス・ジャパンが11年に販売した史上最軽量バスケットボールシューズ「adizero crazy light」の自立POP(ムービィングディスプレイ)。軽さを強調するためにシューズを宙に浮かせ、くるくると回転させている。「糸で吊っているわけでもないのになぜ?」と来店客を驚かせた。種明かしはシューズの爪先と踵、ディスプレイの天地に磁石を設けることで生じる電磁波の影響。下方に設置したファンによって回転している。「前例のないことに果敢にチャレンジしました。幾度の失敗にもめげず、実現することができました」(渡辺氏)。このディスプレイはSNS上で話題となり、シューズはアディダスの同カテゴリーで過去最高の売上消化率を記録した。

もう一つは銀座にある本格焼肉居酒屋「まるし」の姉妹店「マルシミート」のCIや内装、メニューやサービス、ユニホームなどのトータルブランディング。「まるし」は予約のとれない人気店として知られているが、それゆえ顧客の取りこぼしが課題として挙がっていた。男性がメイン顧客である本店と差異化するため、姉妹店では女性が入りやすい雰囲気にし、異なる顧客層にアプローチできるよう演出した。「女性客が単独で焼き肉店ののれんをくぐるには抵抗があります。従来の焼き肉店のイメージを変えること、中長期的なフランチャイズ展開を視野に入れることが目標でした」(古屋氏)。14年7月にオープンした同店は、さまざまなメディアに取り上げられ、狙い通り20代の女性顧客が増えている。

プロスパーグラフ/ワークバンドの今後の展望について渡辺氏は「両社で切磋琢磨し、協力しあいながら本当の意味での売れる店舗や買いやすい空間を追求していきたい。単なるSP・制作・デザイン会社で終わるのではなく、VMD(Visual Merchandising)につなげた形でさまざまな分野の事業領域の拡大を図っていきたい」と話した。

    まるし 姉妹店「マルシミート」の
    トータルブランディング

    人気焼き肉店のCIや内装、メニューやサービス、ユニホームなどを制作。従来の焼き肉店のイメージを払拭した。細かい気配りが隅々にまで行き届いた設計で女性顧客が入りやすくしている。さまざまなメディアに取り上げられ、20代の女性顧客が増えた。

    LOWRYS FARM 「OUTER MARKET」キャンペーンの
    ロゴ、ツール

    10代、20代向けのファッションブランドのキャンペーン用ロゴ開発、ウェブ、ショッパー、撮影用プロップ、店頭展開を担当。ブルー、ピンク、グレーの3色をポップかつおしゃれに配色している。

    お問い合せ

    株式会社プロスパーグラフ www.prosper-graph.com
    東京都新宿区西五軒町1-1 西五軒町ビル3F
    TEL.03-5228-7052

    株式会社Werkbund www.Werkbund.jp
    東京都新宿区西五軒町1-1 西五軒町ビル2F
    TEL.03-5227-8900

Pick Up!(PR) の記事一覧

本質を見極めたSP・デザイン開発(この記事です)
第29回全日本DM大賞――郵便受け、工具箱風DMでダブルグランプリ
店舗への誘導、ブランディングに効く100面デジタルサイネージ
大切な人に笑顔を贈るスイーツノベルティ
旅行イベント出展やSNS発信など、訪日客拡大に向けた取り組みをサポート
売り場での「自動認識システム」で旅行客をおもてなし
プレミアムな体験の提供から少額の謝礼まで幅広いプロモーションに対応可能なギフト
旅行のプロが訪日旅行者マーケティングを支援
現場のマーケターは、消費者とどう向き合うべきか――第2回 DIRECT STREAMING セミナー
光り輝くクリスタルを使った実用的なギフトで満足度を向上
年賀ハガキDMをかんたんに作成する方法
動的データで顧客の感情を察知

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する