販売促進の専門メディア

Pick Up!(PR)

売り場での「自動認識システム」で旅行客をおもてなし

サトーホールディングス

img01

左からマーケティング統括部 大江賢治氏リテール事業部 平田和也氏執行役員 CMO 小玉昌央氏

食の安心・安全を届ける

img02

「東京ユビキタス計画・銀座」ポスター
実証実験の告知ポスターを東京メトロ160駅に掲示したほか、中国語・英語によるチラシも作成し集客力を高めた。デザインはサトーホールディングスが内製。

旅先で味わう食べものは、旅行客にとって思い出に残る体験の一つだ。だが観光客の中には、アレルギーや宗教上の理由から食に制限がある人たちもいる。慣れない地で自分に合った食品や食材を探すのは容易ではない。そんな時、食品のラベルにスマートフォンをかざすだけで、アレルギーなどの情報が母国語で表示できたら、どんなに安心だろうか。

いま訪日観光客向けの「おもてなし」として、こうした自動認識システムに注目が集まっている。

「世界ナンバーワンの自動認識ソリューション企業」をビジョンに掲げるサトーホールディングスでは、バーコードやICタグを使った音声・画像認識を行い、早く正確に情報を取得できる自動認識ソリューションビジネス事業を展開している。同社のシステムは小売、物流、医療などで使われており、昨今は「食の安全」を確保するシステムを強化。原材料の仕入れから、製造、配送、販売における一連の流れの中でモノと情報をひも付け、安全を実現するソリューション提案を得意としてきた。

そんな同社が、14年1月30日~2月6日、銀座の訪日観光客を対象にした実証実験「東京ユビキタス計画・銀座(主催・東京都、国土交通省)」に参画した。銀座にある岩手県のアンテナショップで、商品に二次元コードを貼り付け、アプリをダウンロードしたスマートフォンやタブレットで読み取ると、原材料、生産地情報や、アレルギー情報のほか、調理方法や食品にまつわるストーリーなどを日本語と中国語、英語で表示できるようにしたのだ。商品一つひとつにラベルを貼り、観光客が帰国後、お土産などで配った際にも商品の内容が認識できるようにした。

アンテナショップでの多言語表示

img03

アプリ「ココシル銀座」をダウンロードしたスマートフォンやタブレットで、二次元コードを読み取ると特産物(食品)の原材料情報、アレルギー情報、食の楽しみ情報などを3か国語で表示。実証実験で使われたこうしたシステムは、ハラール対応の食品などでも応用していく予定だ。

自動認識によるおもてなし

百貨店での実証実験

店頭POPの二次元コードを読み取ると、商品情報を多言語で得られる。翻訳もサトーホールディングスで実施。アプリをダウンロードしたスマートフォンやタブレットを持つ来店客を自動検知し、来店時におすすめ情報の配信も行った。



フロアガイドにも二次元コードを付け、アプリを通じて多言語のフロアガイドが表示されるようにした。

同期間中、銀座の百貨店においても自動認識技術が来店客のサービス向上に寄与するかどうかの実証実験を行っている。店舗の入り口や各フロアに来た人に対して、ウェルカムメッセージやブランド情報をプッシュ配信。フロアガイドや商品のPOPには二次元コードを貼り付け、多言語で情報配信する取り組みを行った。

売り場で外国語ができるスタッフを配置できたとしても、対応できるシーンには限度があるため、訪日外国人に人気の高い商品や、説明が難しい商品に、情報を多言語表示できるシステムが好評を得た。同百貨店では、実験後もシステムを通年運用している。

実証実験で取り組んだ多言語表示や、プッシュ型O2Oのほか、サトーホールディングスでは、免税手続き時のパスポートスキャンや、NFC内蔵のリストウォッチを使った訪日客向けクーポンの付与など、自動認識システムを活用したソリューションサービスの提供を拡大している。

中でも力を入れるサービスの一つが「食」の安全を守るために作られた「ハラール対応ソリューション」。厳しい戒律を持つイスラム教徒でも、安心して口にできる食材・食品かどうかを、スマートフォンを使って確認できるというもので、専用アプリの開発が進んでいる。今後も事業者と協業しながら、訪日客が安心して旅を楽しめるソリューションを提供していきたい考えだ。

Pickup!
燃やしても二酸化炭素が出にくい

「エコナノラベル」

実証実験「東京ユビキタス計画・銀座」で使われた二次元バーコードを印字したラベルは、「エコナノラベル」という特殊なもの。環境経営に取り組むサトーホールディングスが東京理科大学などと共同開発したもので、焼却時に発生するCO2を約20%削減する世界初のラベルだ。CO2削減技術を使い、物資用の包装資材や手提げ袋なども製品化している。こちらはCO2を60%削減。エコナノ製品に添加されるCO2 吸収剤はさまざまな素材に応用できるという。

    お問い合せ

    サトーホールディングス株式会社
    www.sato.co.jp
    〒153-0064 東京都目黒区下目黒1-7-1 
    TEL.03-5745-3432 

Pick Up!(PR) の記事一覧

大切な人に笑顔を贈るスイーツノベルティ
旅行イベント出展やSNS発信など、訪日客拡大に向けた取り組みをサポート
売り場での「自動認識システム」で旅行客をおもてなし(この記事です)
プレミアムな体験の提供から少額の謝礼まで幅広いプロモーションに対応可能なギフト
旅行のプロが訪日旅行者マーケティングを支援
現場のマーケターは、消費者とどう向き合うべきか――第2回 DIRECT STREAMING セミナー
光り輝くクリスタルを使った実用的なギフトで満足度を向上
年賀ハガキDMをかんたんに作成する方法
動的データで顧客の感情を察知
ココロ動かすDM作品募集中、受賞によるビジネス活性効果も―全日本DM大賞
アプリリリース1カ月経過 コスト削減と新たな層へのリーチに効果あり
大切な顧客に贈りたい もらって嬉しい、きらめくギフト
ユーザーの利便性向上と工数・コストの大幅削減を両立
買い物を楽しく! 来店動機を高めるテクノロジー 「iBeacon」って何ができるの?
「Ponta」の会員が基盤、ポイント履歴に基づき効果的なサンプリングを実現
信頼のおける日用品だから嬉しい ナショナルブランドのノベルティ活用

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する