販売促進の専門メディア

Pick Up!(PR)

店舗への誘導、ブランディングに効く100面デジタルサイネージ

ジェイアール東海エージェンシー

駅周辺の開発が進み、通勤通学客や買い物客など、利用者数の増加が期待されるJR名古屋駅。その中心に位置するコンコースに、日本最大級の連続多面型駅デジタルサイネージ「シリーズ・アド・ビジョン名古屋」が誕生。その効果や活用法を紹介する。

視線位置にディスプレイ
視認性の高さに強み

新幹線・在来線・私鉄・地下鉄などのターミナル駅である名古屋駅。近年は周囲の再開発も進み、さらには駅と連結したジェイアール名古屋タカシマヤをはじめとした商業施設の好況により、駅利用者数が増加の一途をたどっている。このような背景を受け、JR名古屋駅構内の交通広告に対する期待は高まっている。

そして東海道新幹線開業50周年を迎えた2014年10月、JR名古屋駅の中央コンコースに計100面のデジタルサイネージを設置した「シリーズ・アド・ビジョン名古屋」の広告放映がスタート。JR名古屋駅の中央コンコースは、東海道新幹線から在来線の各改札口を東西に結び、市営地下鉄やジェイアール名古屋タカシマヤの入り口に続く通路で、その距離は直線で約175メートル。コンコースの両側に25本ずつある50柱100面にデジタルサイネージを設置し、コンコースのどちらを歩いても目に飛び込んでくる。最も大きな特長は、その視認性の高さにある。流動する駅利用者の視線位置と同じ高さに60インチの液晶ディスプレイを設置。利用者が通り抜ける時間を2分30秒と想定し、通行時間とほぼ同じ2分30秒ロールで放映している。

飲料×アプリ×コンビニ
高いアクション率を達成

「シリーズ・アド・ビジョン名古屋」の活用事例の一つに、デジタルサイネージとスマートフォンを使用した実証実験がある。参画したのは凸版印刷、キリンビールマーケティングとサークルKサンクス。交通広告からスマートフォンを連動して、実店舗へと誘導するO2O2O(OOH to Online to Offline)施策だ。具体的には、「シリーズ・アド・ビジョン名古屋」にBluetoothタグを設置。デジタルサイネージを見た利用者のスマートフォンで電子チラシサービス「Shufoo!」のアプリを起動するとBluetoothタグからプッシュ配信された情報を受信。キャンペーンサイトに誘導する。サイトでクーポンコードを入手した利用者がサークルKサンクスの店舗でアンケート回答の謝礼としてキリン一番搾り生ビール(350㎖缶)無料引き換えクーポンを発券する、という仕組みだ。新しい取組みでありながら、結果はキャンペーンサイトへの流入者は約1500名。そのうち80%以上のユーザーがクーポンを発券するという高いアクション率を達成した。

交通広告や屋外広告など、家庭以外の場所で接触するメディアからインターネット、さらに実店舗へと誘導して購買を促す施策。

CASE STUDY

スマホと連動させ店舗へ誘導

アプリでのアンケート回答の謝礼品としてコンビニ店舗で発券できる缶ビール無料クーポンをサイネージで告知。アプリを起動して応募した80%以上のユーザーが店舗でクーポンを発券した。

利用者の属性に合わせ
連続放映ながら面を変更

「シリーズ・アド・ビジョン名古屋」は、1枠15秒で2分30秒ロール。放映は火曜日~翌月曜日の1週間。西面もしくは東面50セット、両面100セット、100面フルセット(広告枠買い切り)という4つの放映方法がある。

東海道新幹線が停車するJR名古屋駅の特性として、年末年始は帰省目的の利用者が多い。その特性を利用したのが、名古屋に本社を置く日本特殊陶業による、企業ブランド広告だ。ターゲットは、東海地区在住で、新幹線で帰省先へと移動する就職活動生たち。年末には在来線や市営地下鉄から新幹線改札に向けて歩く利用者の目にふれる東面50セットを、年始には逆に新幹線で各地から名古屋に戻ってくる利用者の目に触れる西面50セットを活用。同じ企業ブランド広告を時期によって放映面を変更させた。このように、進行方向あるいは時期によって目的の異なる利用者に対し、フレキシブルに効果的な広告内容を伝えることができる。

コンコース内で開催する
イベントとの連動にも効果

JR名古屋駅中央コンコースの中程にはイベントスペースがあり、そこでのイベントと連動した広告展開も効果的だ。また「シリーズ・アド・ビジョン名古屋」が設置されている柱にはフラッグ広告を掲出することも可能。一日あたり約40万人の乗降者数があるJR名古屋駅の約175メートルのコンコースをジャックすれば、インパクトも大きい。

これまでJR名古屋駅中央コンコースの柱に掲出していたポスター広告は、商品やイベントなどのキャンペーン系が多かったが、デジタルサイネージの設置に伴い、ブランディング広告も増えている。視認性の高い100面のデジタルサイネージが設置されている「シリーズ・アド・ビジョン名古屋」。ブランド認知を高める効果も、またスマホやイベントとも連動させて売りに直結させる効果も期待できる、注目の媒体だ。

    JR名古屋駅のプロファイル
    1日平均乗降人員 39万8200人
    連絡線 東海道新幹線/東海道本線/中央本線/関西本線/名鉄/近鉄/地下鉄/あおなみ線

    平日はビジネスパーソン、休日はプライベートを楽しむ人たちで賑わう。東海エリアの主要路線すべてが乗り入れる交通輸送の中心でもある。セントレア(中部国際空港)からも観光客や海外出張ビジネスパーソンが集まる。

    利用者デモグラフィック

  • 家族構成....平均3.45人
  • 世帯年収....822万円
  • 個人年収....513万円
  • お小遣い.....5万3000円/月
  • 職業........................ビジネスパーソン78.7%
  • 持ち家率(一戸建て)............................48.9%
  • 持ち家率(分譲マンション)...............14.0%
  • (ジェイアール東海エージェンシー調べ) n=3000

    お問い合せ

    株式会社ジェイアール東海エージェンシー
    www.jrta.co.jp
    愛知県名古屋市中村区名駅3-14-16
    TEL.052-566-3305

Pick Up!(PR) の記事一覧

店舗への誘導、ブランディングに効く100面デジタルサイネージ(この記事です)
大切な人に笑顔を贈るスイーツノベルティ
旅行イベント出展やSNS発信など、訪日客拡大に向けた取り組みをサポート
売り場での「自動認識システム」で旅行客をおもてなし
プレミアムな体験の提供から少額の謝礼まで幅広いプロモーションに対応可能なギフト
旅行のプロが訪日旅行者マーケティングを支援
現場のマーケターは、消費者とどう向き合うべきか――第2回 DIRECT STREAMING セミナー
光り輝くクリスタルを使った実用的なギフトで満足度を向上
年賀ハガキDMをかんたんに作成する方法
動的データで顧客の感情を察知
ココロ動かすDM作品募集中、受賞によるビジネス活性効果も―全日本DM大賞

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する