販売促進の専門メディア

「くまモン」起用プロモーションの効果

小山薫堂が考えるくまモンの販促力「従来のキャラクターよりAKB48に近い存在」

小山薫堂

049_01.jpg

「くまモン」の生みの親は二人いる。キャラクターデザインを手掛けたデザイナーの水野 学氏と、「くまもとサプライズ」の仕掛け人としてプロデュースを行う小山薫堂氏だ。もはや"ゆるキャラ"とは呼べない、一流のプロフェッショナルによって生み出されたくまモンだが、小山氏でさえここまでの活躍は予想していなかったという。ますます活動の幅を広げるくまモン、さらには各地のご当地キャラクターと、企業は今後、どのように付き合っていけばいいのか。

プロモーション起用が"ニュース"になる稀有な存在

049_02.jpg 049_03.jpg

カゴメ「野菜生活100 デコポンミックス」のテレビCMは、小山氏が監修、ナレーションを担当。撮影は熊本と大阪、さらに九州新幹線の車内で行われ、熊本ではエキストラとして、約400人のくまモンファンが集まった。下はメイキングカット。

─2010年にくまモンが生まれた当初、商業的な目的でここまで活躍することを想定していましたか。

全く想定していませんでした。戦略的に今の状況をつくり上げたわけではないのです。

ロイヤリティフリーで企業の起用を促した理由は、企業の商品をメディアだと考えたから。テレビに出るのも新聞や雑誌に載るのも、商品のパッケージに載るのも同じだと考え、それでお金をもらうより、くまモンというキャラクターが世の中にあふれることの方がメリットが大きかった。さらに、地元の人たちがそれを利用して売り上げを上げられれば、熊本県の活性化を目指す我々にとっては好都合でした。もちろん、ここまで活動の規模が大きくなった今、熊本県ではくまモンの運営・管理に相当の費用がかかっています。ですから、その費用をまかなえる程度のロイヤリティが入るような仕組みづくりは検討する必要があるかもしれません。ただ、現在の熊本県の経済効果やPR効果を考えても、生きた税金の使い方になっているのではないかと思います。

─企業がくまモンを起用するメリットとは?

一番のメリットは、ニュースになりうること。これは今くまモンに人気があるからこそですが、例えば企業がキャンペーンに人気タレントを起用しても、なかなかニュースにはなりません。エンタメ系のメディアならありえますが、例えばBMWのコラボレーションは時事系のメディアでも報道されました。このPR効果は大きい。しかも、タレントと違って使用料は無料ですから、企業にとって価値のある存在だと思います。

AKB48のようなアイドルに近い魅力

では、なぜ今くまモンの活動にそこまで注目が集まるのか。

あと68%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

「くまモン」起用プロモーションの効果 の記事一覧

全25事例を検証!くまモン起用タイアップの効果(5) ホテル
全25事例を検証!くまモン起用タイアップの効果(4) 旅行・航空
全25事例を検証!くまモン起用タイアップの効果(3) 自動車など
販促・集客効果が期待できそうな「ご当地キャラクター」図鑑(2) 西日本編
十六茶、ウィルコム、角川文庫...増える「ご当地キャラ」起用販促の効果
「野菜生活100 デコポンミックス」が2年連続売り上げ前年比3割増になった理由
「ポッキー」を丸ごと"くまモン"に、売り上げは計画の2倍
全25事例を検証!くまモン起用タイアップの効果(2) 食品
全25事例を検証!くまモン起用タイアップの効果(1) 流通
小山薫堂が考えるくまモンの販促力「従来のキャラクターよりAKB48に近い存在」(この記事です)
「キティ」「ミッキー」「くまモン」のキャラクターパワーをデータから比較する
販促・集客効果が期待できそうな「ご当地キャラクター」図鑑(1)東日本編
BMW「くまモンMINI」でディーラーへの集客数14%増、広告費換算は5億円
蒲島郁夫 熊本県知事インタビュー「くまモン『使用料0円』の戦略」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する