IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

STAND THE FLAG

復興する街並みを音楽にして未来に残す取り組み

岩手県/岩手日報社「岩手 after 10 years」

岩手日報に3月11日に掲載された「岩手 after 10 years」の新聞広告。

「岩手 after 10 years」のプロジェクトムービー。ピアノ演奏は大船渡市の西村元希さん。

岩手日報社は東日本大震災から10年を迎えた2021年3月11日、変わりゆく被災地の街並みを音楽で残すプロジェクト「岩手 after 10 years」を始動させた。震災前、震災直後、震災後10年を写した写真を並べ、その風景に音符を置くことで、曲をつくりだす取り組み。

震災以前から今に至るまで岩手日報社とタッグを組んできた 博報堂のクリエイティブディレクター 河西智彦さんは、これまでを振り返りながら説明する。「震災から5、6年ほど経った頃から、被害の少なかった地域から徐々に、記憶の“風化”を感じ始めました。この日に何があったのか、ずっと先の世代まで覚えていてほしい。そんな想いで3月11日を『大切な人を想う日』に制定すべく、取り組んできました」。結果、約2万4000人の署名が集まり、2月17日に...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

STAND THE FLAG の記事一覧

復興する街並みを音楽にして未来に残す取り組み(この記事です)
WHY GIFU? 岐阜移住者のリアルな生活を伝える
航空業界を目指す学生たちにエールを送る
沖縄らしいタレントと音楽でETCを身近な存在に
広島市内を被爆樹の博物館に
坂田利夫さんのギャグを活かして、銀行らしくないCMを
埼玉県長瀞町を、移住先として印象付けるきっかけに
考え抜いて馬鹿をするのが格好いい
鯉の復活ストーリーを詰め込んだ空間演出
Web授業とテストで、食品ロスを能動的に学ぶ機会に
「余白」を設けて興味喚起 文字中心の観光PR
全国の「ヨーグルッペ」ファンが喜ぶ宮崎らしいキャンペーン

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る