IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

CREATIVE NEWS

佐々木宏さん、シンガタ卒業。「連」をスタート。

連立ち上げにあたり、佐々木さんが汐留と渋谷に掲出したポスター。キャッチフレーズは、「『連』という新しい風を吹かせてみたいと思います」デザインは、浜辺明弘さん。

キーワードは、ひょんなことから

クリエイティブディレクター 佐々木宏さんを中心とするクリエイティブブティック シンガタが、17年目を迎えた今年3月で"店仕舞い"。佐々木さんをはじめ、所属していた権八成裕さん、萩原ゆかさんほかスタッフ6名が卒業した。そして、佐々木さんは5月から新たに「連」をスタートさせる。「シンガタは電通100%の子会社ですが、僕はその環境で楽しく仕事をさせてもらっていた。今回、連を立ち上げたのは電通から独立したかったわけではなく、僕の中でひとつの区切りをつけたかったんです」。

佐々木さんは、現在64歳。現在もクリエイティブディレクターとして、サントリーBOSSやソフトバンク、富士フイルムなどの仕事を続けている。

「65歳を目前にして、引退や人生の第2ステージという言葉が思い浮かびました。でも、やっぱり僕は広告が好きで、広告の仕事は続けたいという気持ちが強くありました。一方で、リオ五輪閉会式でのフラッグハンドオーバーセレモニーのプロジェクトが自分の中で大きな転機になりました。それ以降、広告以外の才能やセンスを持った人たちと仕事をすることが増えて、イベントなどライブの仕事の面白さを感じるようになったんです。で、その時に思い出したんです …

あと73%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

CREATIVE NEWS の記事一覧

GLASSLOFT展、大日本タイポ組合展ほか、注目の展覧会
井上嗣也展 Beginnings、束芋新作展ほか、注目の展覧会
佐々木宏さん、シンガタ卒業。「連」をスタート。(この記事です)
東京TDC賞2019、受賞作品決定
トム・サックス「ティーセレモニー」、ヘイセイ・グラフィックス他、注目の展覧会
JAGDA新人賞は、赤沼夏希、岡崎智弘、小林一毅に決定
JAGDA賞2019に、10作品が決定
「HaHaHa Osaka Creativity Awards」、初となる受賞作品を発表
亀倉雄策賞、パッケージデザイン大賞、受賞作品発表
奥山由之写真展、浅葉克己が世界中から集めたユーモアてん。他、注目の展覧会
ケネス・アンガー、エキソニモ他、注目の展覧会
向井山朋子展、最果タヒ展ほか、注目の展覧会
ワビサビ20周年展、片桐飛鳥写真展ほか、注目の展覧会

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る