IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

PICK UP

広告と広報を一体化させるWebメディア

トヨタ自動車『トヨタイムズ』

2019年元旦の新聞広告とテレビCMでトヨタ自動車は、新たなメディア『トヨタイムズ』の立ち上げを発表した。俳優の香川照之さんを編集長に迎えスタートした同メディアは、広告キャンペーンの一環なのか、実際のリアルな企業活動なのか注目を集めている。

テレビCM「トヨタイムズ はじめます。」篇。

広告と広報を融合させるチャレンジ

「企業ってさ、いつも変わる変わるって言ってるよね。そのあたりを体当たりで取材して、ガチの本音やおもしろい情報を引き出していきますよ」と語る俳優の香川照之さん。元旦の新聞広告とテレビCMで、トヨタ自動車はインターナルな情報を発信するメディア『トヨタイムズ』の立ち上げを発表し、その編集長に就任した香川さんが方針を語っている。

企画を担当したクリエイティブディレクターの篠原誠さんは、その経緯を次のように話す。「当初はトヨタの広告コミュニケーションにおける統一フレームとして提案しました。出版社をモチーフにした企画で、トヨタに関するあらゆる情報を一貫して扱う狙いでした」。その提案を受けたトヨタからは「以前から社内で検討していたオウンドメディアの構想とセットで考えてはどうか」とフィードバックがあったという。

「企業規模が拡大する中で、トップの想いや会社の方向性を多くの関係者と共有することが難しくなっているという悩みがトヨタにはあったのです」と篠原さん。そこで、「広告」と「広報」双方の役割を果たすメディアを立ち上げ、コンテンツを制作していく今回の取り組みがスタートした …

あと65%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

PICK UP の記事一覧

「LOVE をはぐくむ家族型ロボット」のローンチキャンペーン
広告と広報を一体化させるWebメディア(この記事です)
ピカチュウや人気タレントがムンクの「叫び」とコラボ
オイルサーディンと「ゴルゴ13」が超A級コラボ!
ケツメイシで埋め尽くされた車両が出現
母と娘を「2人のレディー」として対等に描く
篠山紀信が撮影した101枚のポートレイト
TEPCOの新キャラクターはうさぎの「テプコン」
シェアの種を散りばめたローンチイベント

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る