IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

PICK UP

ケツメイシで埋め尽くされた車両が出現

ケツメイシ「ケツメイシ号」

音楽グループ・ケツメイシは2018年10月24日に最新アルバムを発売し、27、28日にはプロ野球・埼玉西武ライオンズの本拠地であるメットライフドームでライブを開催した。そのプロモーションとして、西武鉄道池袋線の車両ジャックが展開された。

西武鉄道池袋線で運行したラッピング電車。

電車内でよく見かける広告をオマージュ

ケツメイシは最新アルバム『ケツノポリス11』の発売に伴い10月1日からの約1カ月間、西武鉄道池袋線でラッピング電車を展開。「ケツメイシ(KTM)号」と名づけられたその車体にはメンバーの顔はめイラストの広告が掲出された。一方で車内には、見慣れた不動産広告や美容外科などの広告が――。しかしよく見ると、どれも内容は『ケツノポリス11』の発売告知になっている。中吊りをはじめ、窓上やつり革などすべての広告がケツメイシによるパロディだ。

今回の広告展開のきっかけは、西武鉄道からの提案にあったとエイベックス・エンタテインメントの制作担当 山賀克也さんは言う。

「ライブ会場であるメットライフドームの運営会社にケツメイシのファンの方がいらっしゃって、提案をいただきました。ケツメイシはこれまでもストレートな表現で広告展開をしておらず、奇をてらったような内容が多かったんです。今回も全10両分をジャックするということで、何かアイデアが必要だと思い、ジャケットでもお世話になっているアートディレクターのいすたえこさんに相談したんです。すると、いすさんから『広告っぽいことをやりますか』と案が出ました。それが最終的に、普段電車でよく見かける広告をオマージュし、さりげなくアルバムの告知を紛れ込ませる企画にまとまっていきました」 …

あと59%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

PICK UP の記事一覧

オイルサーディンと「ゴルゴ13」が超A級コラボ!
ケツメイシで埋め尽くされた車両が出現(この記事です)
母と娘を「2人のレディー」として対等に描く
篠山紀信が撮影した101枚のポートレイト
TEPCOの新キャラクターはうさぎの「テプコン」
シェアの種を散りばめたローンチイベント
クリエイターが構想から参画 日本初の本格瞑想専門スタジオ
従来とは異なる香取慎吾のイメージに光を当てる
世界7の国と地域で同日・同コンセプトのイベントを開催

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る