IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

CREATIVE NEWS

蓮沼執太展、GRAPH展 京都ほか注目の展覧会

空間の中で聴覚と視覚の接点を見つけていく

「蓮沼執太: ~ ing」

音楽家、アーティストとして国内外で活躍する蓮沼執太の個展が、4月6日より資生堂ギャラリーで開催される。

音楽家である蓮沼にとって展覧会は、空間の中で聴覚と視覚の接点を見つけていく行為。フィールドワークで収集した環境音や自ら作った音を素材として実験的に音楽をつくったり、指揮者と演奏者、パフォーマー同士、演奏者と観客など他者と流動的に関わりながら協働で音楽をつくるといった独自の作曲方法を用いて、展覧会では音楽を視覚的に表現することを試みる。

本展では、過去と現在のコンセプトとの差や共通点を見つけ出し、変化の様子をたどるといったプロセスを経て、蓮沼のクリエーションの柱となるフィールドワーク、協働、現象といった要素を抽出し制作した映像、サウンド、立体などの作品を展示。人間と人間、人間と人間以外のものとの新たな関係性と共存について考察すると同時に、展示作品を構成(compose=作曲)する。

「compositions:space, time and architecture」展示風景 国際芸術センター青森 2015 撮影:小山田邦哉

蓮沼執太フィル「東京ジャクスタ」 草月ホール 2018
撮影:後藤武浩

「Walking Score in Red Hook, Brooklyn, New York」 2018 シングルチャンネルビデオ、サウンド、マイクなど(スチール)

「蓮沼執太: ~ ing」

4月6日~6月3日 資生堂ギャラリー
平日:11時~19時 日・祝:11時~18時
休館:月曜
入場無料
◆お問い合わせ→03-3572-3901 資生堂ギャラリー

世界にひそかに脈打つリズムのサウンドインスタレーション

赤松音呂展「Chozumaki/Chijikinkutsu」

デバイスを用いたインスタレーションの発表を続けるアーティスト 赤松音呂の個展が、4月4日からミヅマアートギャラリーで開催される。

赤松は2015年オーストリアで開催されたアルス・エレクトロニカでゴールデン・ニカ賞を受賞。他にもパフォーマンス、ビデオ、立体、絵画など、さまざまなメディアを用いて世界にひそかに脈打つリズムを作品化している。本展では「チジキンクツ」と「チョウズマキ」という2つのサウンドインスタレーションを展示する。

ゴールデン・ニカ賞の受賞作品「チジキンクツ」は、「地磁気」と「水琴窟」を組み合わせた赤松による造語。水が注がれたコップには磁化された縫い針が浮いており、無数の小さな針先が磁場により微細な音を立て、空間にリズムが現れる。

「チョウズマキ」は、ガラス器の水に発生する渦巻きのゆらぎの音を用いたインスタレーションだ。作品は水を入れるガラス瓶とホーン形状に繋がる管で構成され、瓶に入れられた磁石が外部の磁力により回転して渦巻きが現れる。その回転は常に変化を続け、ゆらぎを持った渦巻きは水流の音に泡が弾ける高音が混ざる複雑な音を生み、ガラス管を通りホーンから増幅されていく。渦巻きを伴うガラス器の中の水は彼岸と此岸、物質世界と反物質世界のように対称する2つの世界を結びつけるイメージを想起させる。

《チジキンクツ》 2013 水、コップ、ガラス瓶、縫針、銅線、木製棚、天然磁石、ディバイス、コントローラー、PC

《チョウズマキ》 2017 水、ガラス容器、磁石、プラスチック、ディバイス、コントローラー
すべて 写真:赤松音呂
(C) AKAMATSU Nelo/courtesy Mizuma Art Gallery

赤松音呂展 「Chozumaki/Chijikinkutsu」

4月4日~28日 ミヅマアートギャラリー
11時~19時
休館:日曜、月曜・祝日
入場無料
◆お問い合わせ→03-3268-2500 ミヅマアートギャラリー

約300匹のこいのぼりが展示室内の宙を舞う!

こいのぼりなう! 須藤玲子×アドリアン・ガルデール×齋藤精一によるインスタレーション

日本を代表するテキスタイルデザイナー 須藤玲子と、フランスの展示デザイナー アドリアン・ガルデール、そしてライゾマティクスの齋藤精一によるインスタレーションが、4月11日から国立新美術館で始まる。

このインスタレーションは、須藤がアドリアンとコラボレーション。日本の伝統行事に着想を得て、2008年にワシントンD.C.のジョン・F・ケネディ舞台芸術センターで、2014年にはパリのギメ東洋美術館にて発表したもの。今回は同館の最も大きい展示室(2000㎡、天井高8m)を使い、須藤と須藤が主宰するテキスタイルメーカー「布」のメンバーがデザインした約300匹のこいのぼりがダイナミックに泳ぎ回る。

須藤玲子+齋藤精一 《NUNO:Lost and Found》 (鶴岡織物工業協同組合)》(映像スチル) 2016年

須藤玲子+アドリアン・ガルデール 《Fantasy in Japan Blue》 2017年 ジョン・F・ケネディ舞台芸術センター展示風景

須藤玲子+アドリアン・ガルデール 《こいのぼり》 2014年 フランス国立ギメ東洋美術館展示風景

こいのぼりなう! 須藤玲子×アドリアン・ガルデール×齋藤精一によるインスタレ ーション

4月11日~5月28日 国立新美術館 企画展示室2E
10時~18時(金・土・4月28日~5月6日は20時まで、5月26日は22時まで開館)
休館:火曜(5月1日は開館)
入場無料
◆お問い合わせ→03-5777-8600 ハローダイヤル

話題を集めたGRAPH展が京都でも開催

GRAPH展 京都

デザインによるコミュニケーションを追求するGRAPHの展示が、4月7日までホテルアンテルーム京都で、4月11日から30日までGRAPH 京都事務所で開催される。

2017年秋に東京・銀座で開催されたGRAPH展は、クリエイティブとビジネス、デザインと印刷、経営者とデザイナーなど異なるジャンルを飛び越えて、人の心に響くコミュニケーションデザインを創造しつづける彼らの仕事の秘密に迫った。そしてGRAPHがこれまで携わった実際の商品や、ここでしか買えないGRAPHオリジナル商品など、すべての展示物が購入できる「デザインマルシェ」も話題を集めた。

本展では、これまでの制作物はもちろん、その制作過程や、実際にGRAPHのファクトリーで使用されている道具など、普段なかなか見ることができない「GRAPHデザインの裏側」を展示。また東京展で好評を博した「デザインマルシェ」も設けられる …

あと61%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

CREATIVE NEWS の記事一覧

蓮沼執太展、GRAPH展 京都ほか注目の展覧会(この記事です)
39年にわたって制作された新聞広告100点を展示
TDC2018展ほか、今月注目の展覧会
日本初開催「別れの博物館」、吉永マサユキ写真展他、注目の展覧会
FCC賞最高賞は、スペースワールド閉園広告と「おから茶ダンス」
サヴィニャック ポスター展他、注目の展覧会
鈴木理策、グラフィズム断章ほか、注目の展覧会
瀧本幹也展「CROSSOVER」ほか、注目の展覧会
JAGDA賞発表。20回目の亀倉雄策賞は、中村至男氏に決定。
JAGDA新人賞2018は、金井あき、花原正基、福澤卓馬に決定
金沢美大出身のデザイナーによる「金沢ブランド100」他、注目の展覧会
リニューアルしたアドミュージアム、谷川俊太郎展ほか、注目の展覧会
ゲルハルト・リヒター最新作、話題のアートマガジン「TOILETPAPER」展他

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る