IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

CREATIVE NEWS

「7年目の青葉益輝」展、「無印良品と明和電機をくらべた展」他

いまデザインにポスターに何ができるのか

「7年目の青葉益輝」展

没後7年目を迎えたグラフィックデザイナー青葉益輝の展覧会が7月7日から、光村グラフィック・ギャラリー(MGG)にて開催される。

1939年生まれの青葉益輝は70年代から活躍し、バブルの最盛期にも踊らされることなく、デザインと社会とのつながりを真摯に追求し続けた。そのシンプルで明快な表現の試みは、世界各国で高く評価されており、この混迷する現代において言葉や国境を越えて、多くの人たちの心をとらえ直している。

本展では「伝えたい、熱い意志から生まれた」青葉の平和と環境のポスター約80点と青葉と同世代のデザイナーからのメッセージを展示。「いま、デザインに、ポスターに、何ができるのか」を改めて問いかける。

ALL FLESH IS GRASS

長野オリンピック冬季競技大会

平和

東京都

「7年目の青葉益輝」展

7月7日~9月9日
光村グラフィック・ギャラリー(MGG)
11時~19時
休館日:日曜・祝日・8月11~15日
入場無料
◆お問い合わせ→03-3492-1181 光村印刷(代表)

新たな紙の魅力を表現する

関本明子展 PAPER POCKET

ドラフト アートディレクター・グラフィックデザイナーの関本明子の初となる個展「PAPER POCKET」が7月21日まで、竹尾青山見本帖で開催中だ。

関本は近年、カンロ「ヒトツブカンロ」、京都の染め物ブランド「印染杉下」など、グラフィックデザインを生かしたブランディングを数多く手がけている。デザインの仕事をする中で、素材としての紙がさまざまな方法で物になっていく過程を目にし、そこに多くの可能性を秘めた「紙」の魅力的な姿を感じた関本は、その過程を残したいと考え、本展を企画。「PAPER POCKET」をテーマとし、大きな紙の一部が箱になる商品を提案している。その他「ヒトツブカンロ」やD-BROSの新作も展示される。

PAPER POCKETビジュアル

ひとつぶカンロ

印染杉下

関本明子展 PAPER POCKET

開催中、7月21日まで
竹尾青山見本帖
11時~19時
休館日:土・日・祝日
入場無料
◆お問い合わせ→03-3409-8931 竹尾青山見本帖

雑貨からWebまで300点を展示

日本のグラフィックデザイン2017

日本グラフィックデザイナー協会による年鑑「Graphic Design in Japan」2017年版の発行を記念して、「日本のグラフィックデザイン2017」が開催中だ。

本展では、2017年版の年鑑掲載作品の中から約300点を実物と映像で展示。身近な雑貨から、書籍、商品パッケージ、シンボル・ロゴ、ポスター、Webサイト、映像、展覧会やショップの空間デザインに至るまで、日本のグラフィックデザインの現在を見ることができる。

7月26日には歌人の穂村弘さん、仲條正義さん、8月3日には北川一成さん、鈴木哲生さん、萩原俊矢さんを迎えて ...

あと62%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

CREATIVE NEWS の記事一覧

「7年目の青葉益輝」展、「無印良品と明和電機をくらべた展」他(この記事です)
森本千絵×中島信也〈森の中〉展他、注目の展覧会
JAGDA新人賞展2017:玉置太一・三澤遥・八木義博、北アルプス国際芸術祭2017
D&AD賞、5作品にブラックペンシル
中原昌也、久保田香ら個性的なアーティストの個展
上田義彦写真展、坂茂プロジェクト展他、今月の展覧会
クリエイター・オブ・ザ・イヤー 電通 菅野薫さんに決定
世界に向けてTwitterブランドの声を発信する
コレクター 片山正通の展覧会、ライゾマティクス10周年記念展ほか今月の展覧会
TDC賞2017グランプリは、デビッド・ボウイの遺作CD
ロバート メイプルソープ写真展 、カールステン・ニコライ展ほか
日本パッケージデザイン大賞は、 亀の子スポンジとデレク・ラムの香水ボトルに決定

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る