DESIGN/COPY/WEBクリエイティブの専門メディア

デジタル最前線 テクノロジーが創る新しいブランド体験

SXSW2017 注目テクノロジー・ビジネスモデル6選

最先端のテクノロジー企業やスタートアップ企業が集い、新しいアイデアやビジネスを発表するイベントSXSW(サウス・バイ・サウス・ウエスト)が、今年も3月に米オースティンで開催された。ここでは、その年に発表されたデジタル領域のプロジェクトや製品、開発の優れたアイデアを表彰する「INTERACTIVE INNOVATION AWARDS」と、世界を驚かせるような新しい事業アイデアを競い合う「ACCELERATOR PITCH EVEVT」から注目の事例を紹介する。

Google「Tilt Brush」

仮想空間に立体を描く、ペイントツール

「Tilt Brush」はGoogle VRチームが開発した3D空間に立体を描くことができるペイントのツールだ。VRヘッドセットを装着することで、360度の仮想空間がキャンバスに変わり、立体的な絵を描くことができる。コントローラーがパレットと筆になり、色や線を変えながら自由に想像の世界が表現できる。現在、Googleは画家、ダンサー、デザイナー、漫画家などさまざまなクリエイターとチームを編成して、3D空間での創作の可能性を広げる試みをしている。


chroma code「The Music Room」

仮想の楽器で奏でるリアルなサウンド

The Music Roomは、仮想空間内の楽器を演奏することができるVRソフトで …

あと68%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

デジタル最前線 テクノロジーが創る新しいブランド体験 の記事一覧

男女の視点を切り替えられるVRムービー
デジタルとリアルの境界線をあいまいにしていく
グリコのお菓子をプログラミング教材に変えるアプリ
データを体験化する「データテインメント」とは
アイデアとクラフトが越境しあう場
『THE FUTURE 100』が予測するデジタル&テクノロジーのグローバルトレンド
VRは広告コミュニケーションをどう変える?
SXSW2017 注目テクノロジー・ビジネスモデル6選(この記事です)