IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

オンスクリーンのアートディレクション

オンスクリーンとリアルの境界を超える動的アイデンティティ

「i enjoy!」 日本財団パラリンピックサポートセンター

2020年の東京オリンピック、パラリンピック開催に向けて、昨年11月、東京 赤坂に日本財団パラリンピックサポートセンターがオープンした。その総合クリエイティブディレクションを1→10が担当している。キャッチフレーズは「i enjoy!」で、VIはダイナミックアイデンティティの考え方を採用している。

01 VIの色展開の例。


02 パラリンピックサポートセンターが入っている日本財団のビル壁面。77種類のポスターを制作し、窓一面に掲出した。

パラスポーツのイメージを一新するキーワードとVI

「障がい者スポーツはこれまで福祉的な目線で捉えられがちでした。でも、実際に見てみると刺激的で、オリンピック競技に引けをとらないぐらいエキサイティング。この『i enjoy!』の開発では、パラスポーツをリブランディングする気持ちで取り組みました」とこのプロジェクトでアートディレクションとブランディングを行った1→10の引地耕太さんは話す。

「i enjoy!」というキーワードには「障がいにかかわらず、それぞれの楽しむ気持ちが強さに変わること」がメッセージとして込められている。「i=『個』にフォーカスすることで相反的に『多様性』という言葉が浮かび上がってきます。このキーワードには、障がいのあるなしに関わらず …

あと75%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

オンスクリーンのアートディレクション の記事一覧

UIデザイナーに聞く アートディレクターに知っておいてほしいこと
コンテンツ以前の枠組みづくりがより重要に
よいプロセスの先によい結果がある
オンスクリーンとリアルの境界を超える動的アイデンティティ(この記事です)
ノルウェーの街で奏でられた“デザインの音楽”
デジタル化以前と以降でデザイナーの職能はどう変化したか
オンスクリーンのアートディレクションことはじめ
リミッターさえかけなければアートディレクターの活躍の場は無限に広がる
プログラマーと実現するデータドリブンなデザインプロセス

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る