IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

デザイン起点のクリエイティブディレクション

常に問うているのは、その解決方法に必然性はあるかどうか。

八木義博

「デザインとは、そのものが本来あるべき姿に戻すこと」と八木義博さんは話す。海外でも高い評価を受ける八木さんのデザインは、ロジカルに、その本質に向かって徹底して考えぬくことから生まれている。

八木義博(やぎ・よしひろ)
1977年京都生まれ。京都造形芸術大学 情報デザイン学科卒業。電通CDC局アートディレクター/クリエーティブディレクター。最近の主な仕事に、JR東日本「行くぜ、東北。」、日本郵政グループ企業広告、メニコン、アド・ミュージアム東京など。

感覚ではなく、ロジカルに考える

海外広告賞などで入賞した僕の仕事を見た人から、「グラフィック的」と評されることがあります。どうやら感覚的につくっているように見えるようです。でも、決してそうではなく、「なぜこのかたちになるのか」、その理由を考えて、考えて答えを出すタイプ。ロジカルに考えるから、「この感じが気持ちいい」というだけではデザインを決められない。その狭間で時々苦しくなることがあります。

そういう思考を持つようになったのは、これまで一緒に仕事をしたクリエイティブディレクターたちの影響も大きいと思います。中でも古川裕也さん、髙崎卓馬さん、原野守弘さんは、みなロジカルに考える人たち。上辺だけの形を出すと、ことごとく「わからない」「意味がない」と言われました。彼らがどう思うかを意識する一方で、仲のいいグラフィックデザイナーたちの視線も気になる。だから、CDとグラフィックデザイナー、どちらからの視線にも耐えうるものをつくらなくてはと思い、自然にそういう組み立て方をしていったような気がします。海外広告賞に入賞できるようになったのも …

あと72%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

デザイン起点のクリエイティブディレクション の記事一覧

経営と表裏一体にあるもの
デザインの限界を超え、働く人の意識を引き上げるブランディング
世の中にあるすべてのものは「伝える」ための手段
「解決するクリエイティブ」から 「作り出すクリエイティブ」へ
9人のアートディレクターが選ぶ時代、社会、 人々に効いた デザイン
広告を制作する中で アートディレクターが存在する価値
自分たちが本当に面白いと思えるモノづくりをする
常に問うているのは、その解決方法に必然性はあるかどうか。(この記事です)
広告にエモーショナルなメッセージを込める
日本にデザインという思想をもたらす仕事

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る