広告マーケティングの専門メディア

           

2024年、マーケターの思考をアップデートする15の論点

AIによる広告制作の変革が本格化 企業の知財戦略に影響を与える法規制の動きにも注目

岡本青史(富士通)

生成AIとは?

生成AIは、文章・画像・音声・プログラムコードなど様々なコンテンツを生成する人工知能です。深層学習技術の発展により大量のデータから構築された基盤モデルをもとに領域やタスクに適応(ファインチューン)させることで、高品質なコンテンツ生成や様々なタスク解決が可能となっています。生成AIは大きな市場の成長が見込まれる一方で、社会に与える影響も大きく、リスク対策や法規制・整備が喫緊の課題となっています。

アップデートポイント1

業務特化型の生成AIの台頭により、本格的な実務適用が始まる

生成AIに対するリスク対策が進み、法規制からも目が離せない1年となる業務や業種に固有のデータや知識を取り込むことで、領域やタスクに適応して出力の品質を向上させ、自社内で保有しているデータや知識を活用することで、自社の業務プロセスや規則を考慮した結果を出力する企業向けの特化型生成AIが台頭するでしょう。

コストやハルシネーション、情報セキュリティ、プライバシー、変化する情報への対応などの技術課題の解決が進み、特化型生成AIの本格的な実務適用が進むと考えます。

生成AIの活用次第で業務効率や生産性に差が生じ、マーケティング分野では、ユーザとの対話から得られる情報の活用により、個人に特化した魅力的な広告コンテンツを生成AIが制作するといった変革の波…

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

2024年、マーケターの思考をアップデートする15の論点の記事一覧

2024年、マーケターの思考をアップデートする15の論点の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する