広告マーケティングの専門メディア

           

2024年、マーケターの思考をアップデートする15の論点

ビッグデータ時代に求められる「リサーチ」ビジネスは適切なデータマネジメントの推進

内田俊一氏(イプソス)

リサーチビジネスとは?

リサーチビジネスとは、主にはリサーチ会社で構成される市場を言います。消費者、競合他社、市場動向に関する情報の収集と分析を行い、企業が自社の製品、サービス、マーケティング戦略について、情報に基づいた意思決定を行う支援を担います。企業のみならず、生活者や政府は意思決定するにあたり、正確な情報をより早く必要とし、これを提供することにリサーチビジネスの役割があります。

アップデートポイント1

DXの拡大により大量のデータをより迅速に処理し提供することが可能に

テクノロジーとインターネットの台頭により、マーケティングリサーチは広範囲にわたるデジタルトランスフォーメーションを経験しています。これには、オンライン調査、SNS分析、Webサイト分析、ビッグデータ分析などが含まれます。デジタルツールとプラットフォームの浸透により、大量の複数ソースからのデータ収集と分析が容易になり、より正確でリアルタイムのフィードバックや洞察に基づき、製品や広告・キャンペーンの修正・調整など最適化が即時可能になりました。

アップデートポイント2

UXフォーカスで消費者行動の把握から最適な商品・サービス及び体験を提供

あと59%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

2024年、マーケターの思考をアップデートする15の論点の記事一覧

2024年、マーケターの思考をアップデートする15の論点の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する