広告マーケティングの専門メディア

           

2024年、マーケターの思考をアップデートする15の論点

今やユーザーには放送と通信の区別はない?従来型のコンテンツ流通から新しいストリームの萌芽を迎える

奥 律哉氏(電通)

放送と通信の融合とは?

放送と通信が融合すると言われて久しい。竹中懇談会時代(「通信・放送の在り方に関する懇談会」)から約20年来のキーワードです。その間スマホが普及、通信も5Gになり高速・大容量・低遅延のモバイルネット環境が実現しました。ハイブリッドキャスト、マルチスクリーンなどの様々なトライアルを経て、本線映像がネット経由でも配信される時代に。もはやユーザーには放送と通信の区別はありません。配信事業者サイドは様々な配信事業モデルでユーザー取り込みの試行錯誤が続いています。

アップデートポイント1

CTV普及率拡大へ
大画面スクリーンでのコンテンツ・CM訴求効果に脈あり

VR FORUM 2023では全国視聴率パネルでのCTV(コネクテッドTV)の普及率は約70%と公表されました。テレビの買換え需要は一定程度あり、流通店舗では55インチの大型スクリーンが売れ筋です。このような視聴環境をベースに、CMのデバイス別出し分け、運用型広告の他、CM素材入稿タイミングの短縮化やそれに伴うバイイングのリードタイム短縮といった新しい広告セールスが実現する可能性があります。テレビ広告のポテンシャル向上と機動力の再活性化に弾みがつき、PDCAサイクルの整備が広告主のニーズを満たし、Cookieレス時代ならではのテレビ進化が期待できます。

アップデートポイント2

あと59%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

2024年、マーケターの思考をアップデートする15の論点の記事一覧

2024年、マーケターの思考をアップデートする15の論点の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する