広告マーケティングの専門メディア

           

2024年、マーケターの思考をアップデートする15の論点

生成AIとフェイクニュース、広告活動への影響とは?

恩田基輝氏

急激に人々の仕事、暮らしに浸透する生成AIですが、多くの恩恵がある一方で、フェイクニュースの増大などのリスクも拡大しています。本稿では恩田基輝氏が、AIがもたらす信頼性の課題やフェイクニュースがもたらす広告活動への影響などを解説します。

AIの民主化の功罪 フェイクニュースのリスクが増大

2022年から2023年にかけて、生成AIが大きなトレンドになりました。今後も来るべきAIサービスが人々の生活をより便利にしていくと思われます。この不可逆的な変化は、いったいなぜ起きたのでしょうか?

AIについての研究やサービス提供はそれ以前から行われていました。2022年Stability AI(Stable Diffusion:画像生成AI)とOpenAI(ChatGPT:テキスト生成AI)のリリースが革命的だったのは、「誰でも無料で利用できる」上に、「商用利用が可能である」、という2点です。これまで限られた企業や人しかアクセスできなかったAIが、オープンソースで誰でも自由に利用できるようになり、「民主化」(清水亮氏)したと言えます。事実、2023年は様々なAIを使ったサービスがリリースされ、流行語に「生成AI」が選ばれました。一方で、ネガティブな側面もあります。そのひとつがフェイクニュースです。

ブランド毀損や広告詐欺 インターネット広告における問題点

ここでは、インターネット広告における生成AIおよびフェイクニュースの問題に焦点を当ててみましょう。これまでも、ブランド毀損や広告詐欺(アドフラウド)はインターネット広告の負の側面「ネット広告の闇」として問題になってきました。生成AIとフェイクニュースはこの問題を、より加速させる可能性があります。

例えば、画像生成AIとテキスト生成AIを使えば、簡単にひとつのサイトを作成することができます。もちろん、そこに掲載するコンテンツを量産することも容易です。学習を進めれば、人間がよりクリックしやすいセンセーショナルな見出しと記事と画像を計算しながら、生成AIが運用するSNSアカウントでそのコンテンツを拡散することができます。PVが集まれば広告収入を得ることもできるでしょう。また、そこでクリックを水増しするボットも、生成AIがつくっているかもしません。

今後さらにテクノロジーが進化していけば、テキストや画像だけではなく...

あと66%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

2024年、マーケターの思考をアップデートする15の論点の記事一覧

2024年、マーケターの思考をアップデートする15の論点の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する