広告マーケティングの専門メディア

           

広告業界トピックス

放送サービス高度化推進協会、キャラクター活用で4K8Kの普及目指す

明石庸司

新設の衛星放送WG、
11月に初会合を開催

総務省は2023年11月30日、「デジタル時代における放送制度の在り方に関する検討会」の下部組織として「衛星放送ワーキンググループ」(主査=伊東晋・東京理科大学名誉教授)を設置し、初会合を開いた。

放送制度検討会の第2次取りまとめで衛星放送の「インフラコストの低廉化」が提言されたことを踏まえ設置されたもの。コスト低廉化は、「共同衛星の打ち上げを視野に、(中略)課題の整理とその課題解決方策について検討し、可能なものについて年度内をめどに中間報告を行う」とされた。

B-SATとスカパー JSAT、
共同衛星・共同管制の見解分かれる

第1回会合では、BSとCS放送のインフラ事業者の放送衛星システム(B-SAT)とスカパーJSATのヒアリングが行われ、共同衛星、共同管制の可能性について、それぞれの見解が示された。両社とも将来のBS・CS統合(共同)衛星の実施に賛成を示した一方、実現の時期や衛星のスペック、共同管制の主体などで見解が分かれた。

B-SATは共同衛星・共同管制について、3段階で進めることを提案。第1段階でBS・CS統合衛星の打ち上げ、第2段階で管制やBSアップリンク、本社の拠点の集約、第3段階で全BS・CS衛星放送をBS右旋に集約して、コンパクト化することを提案した。

共同衛星の打ち上げ時期は、中継器の必要数の検討や放送事業者の動向を確認するために一定期間が必要だとして、BSの免許期限に合わせて2030年を提案。今後新たな衛星放送事業者の公募が想定される2026年から2027年の状況をみて、できるだけ遅く打ち上げる…

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

地方紙各社の事業さらに多様に 情報発信の強化も見据える
The Power of OOH ロケーションからオーディエンスへ
集英社が広告配信・分析サービスの提供開始 大手出版社を中心にCDPの導入が進む
地上テレビ番組の同時・見逃し配信 総務省有識者会議は必須業務化提言
出版社系Webメディアは「長期的ファンづくり」に貢献できるのか
The Power of OOH 行動ターゲティングのパワー
地方紙各社がデジタル教材拡充 地域の学校への展開も広がる
民放連が誹謗中傷に関する条文を新設 放送界全体で出演者を保護
専門性の高い雑誌デジタル広告の本質的な価値とは
The Power of OOH コラボレーション

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する