広告マーケティングの専門メディア

「雑誌ブランド」のコミュニティ力を顧客開発に生かす

マーケティングパートナーとしての「雑誌」 編集者の知見はアイデアの発火点

瀧川千智氏(博報堂DYメディアパートナーズ)

出版社各社が雑誌広告にとどまらない編集部のナレッジを広告主に提供しようとしている今、その力を最大限発揮してもらうべくサポート体制を整えているのが博報堂DYメディアパートナーズだ。同社が2020年7月に開始した「MATCH」について、メディアプロデューサーの瀧川千智氏に話を聞いた。

課題解決基点のクリエイティブ提案 個々の編集者とのマッチングも

当社では2020年7月、ソリューションチーム「MATCH」を立ち上げました。これは雑誌編集部が持つインサイトの“発見力”や新しいライフスタイルを世に普及させる“定着力”といったナレッジに、当社の持つプランニング力を掛け合わせることで、クライアントの課題解決に貢献するソリューションです。リリース時には17出版社・33誌の編集部をパートナーとして発表し、現在も拡大を図っているところです。

これまでも編集者のナレッジがマーケティング活動に生かされる場面は多々ありましたが、どうしても広告の出稿ありきで、話を進めざるを得ない部分もありました。しかし具体的な企画が始まる前段階、例えばコンサルティングといった場面でも、もっと編集者が持つリソースを活用できるのではないかと考えて、始めたのがフィー制を導入した「MATCH」です。編集者によるコンサルティングを...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

「雑誌ブランド」のコミュニティ力を顧客開発に生かす の記事一覧

作家との関係性を生かす、老舗出版社ならではの取り組みとは?
読者に期待されるブランドコラボ企画 新潮社のナレッジを生かす
誌面、イベントでつなぐ 根底にあるのは「相互送客」の考え方
多様なジャンルのカルチャー発信 読者とのタッチポイントをいかに拡張するか
デジタルシフトに挑む!編集部の枠を超えブランドをフル活用
モデル、漫画家、編集者…人を育てる出版社ならではの多角的な発信
マーケティングパートナーとしての「雑誌」 編集者の知見はアイデアの発火点(この記事です)
業界をあげて取り組む 雑誌由来のデジタルメディアも調査対象へ
「広告メディア」の先に広がる可能性 雑誌ブランドに期待するもの

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する