広告マーケティングの専門メディア

「雑誌ブランド」のコミュニティ力を顧客開発に生かす

多様なジャンルのカルチャー発信 読者とのタッチポイントをいかに拡張するか

長 勲氏(マガジンハウス)

『POPEYE』や『GINZA』、『an・an』、『Tarzan』など、独自の世界観を持つ雑誌ブランド群で、年令軸に捉われない幅広いターゲットをカバーするマガジンハウス。広告会社を経て、2020年10月に新しく設立されたブランドビジネス部部長に就任した長 勲氏に話を聞いた。

雑誌を知らなくてもコンテンツに触れられる仕組み

私は2009年にアサツーディ・ケイ(現・ADK)に入社、雑誌部を経て営業部で飲料メーカーのリブランディングなどの仕事に携わっていました。その後、2017年マガジンハウスに入社。3年間セールスを担当してきました。前職の雑誌部で編集者と仕事をしていたとき、『この能力を紙の中にとどめておくのはもったいない』と感じていました。プロフェッショナルたちを集め、プロデュースしながら、コンテンツをつくりあげていくスキルは、もっといろいろな場所で求められている。そこで2020年10月に立ち上げたのがブランドビジネス部です。

ひと言でいえば、編集部以外のマガジンハウス内のすべての部門に横ぐしをさす機能を担う部。これからのブランドビジネスで重要になっていく多角的な読者とのタッチポイントづくりを編集部だけで担うのは難しい。そこで各雑誌のブランド力を高め、新しい仕組みづくりをサポートする機能が...

あと61%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

「雑誌ブランド」のコミュニティ力を顧客開発に生かす の記事一覧

読者からのハガキは毎月2000通 アクティブシニア層との深い絆
作家との関係性を生かす、老舗出版社ならではの取り組みとは?
読者に期待されるブランドコラボ企画 新潮社のナレッジを生かす
誌面、イベントでつなぐ 根底にあるのは「相互送客」の考え方
多様なジャンルのカルチャー発信 読者とのタッチポイントをいかに拡張するか(この記事です)
デジタルシフトに挑む!編集部の枠を超えブランドをフル活用
モデル、漫画家、編集者…人を育てる出版社ならではの多角的な発信
マーケティングパートナーとしての「雑誌」 編集者の知見はアイデアの発火点
業界をあげて取り組む 雑誌由来のデジタルメディアも調査対象へ
「広告メディア」の先に広がる可能性 雑誌ブランドに期待するもの

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する