広告マーケティングの専門メディア

「雑誌ブランド」のコミュニティ力を顧客開発に生かす

誌面、イベントでつなぐ 根底にあるのは「相互送客」の考え方

成井 毅氏(日之出出版)

「これは、私のための雑誌だ!」と深い共感をつくり出すのが雑誌メディアの強みだ。数ある雑誌の中でも、コアな愛読者とともに独自の世界観を構築している『Safari』について日之出出版 メディア事業部部長の成井毅氏に話を聞いた。

ブレない姿勢で新しい価値観を伝える

30~40代の男性向けライフスタイル誌『Safari』で伝えているのは、アメリカ西海岸のハリウッドセレブの世界観。たとえばデニムパンツにジャケットでも、上質なものを着ていれば一流ホテルや高級レストランにも行けるといった、新たな“ラグジュアリー”の価値提案を行っています。時計であれば、たとえばハリウッド俳優の着こなしを例にしながら、どんなシチュエーションで使えるものか、コーディネートはどうしたらよいかを提案する。

商品サイトや口コミを検索しただけでは分からない、購入の「最後のひと押し」の役割を担う雑誌でありたい。数百万円のアイテムであっても、「Safariを見ました」と遠方から買いに来てくれることもあるそうです。

ただし、広告主に期待されているのは、こうした広告の提案だけにはとどまりません。今後はYouTubeを活用した販売や卸としての役割も担っていく必要があると考えています。12年前から自社で運営している...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

「雑誌ブランド」のコミュニティ力を顧客開発に生かす の記事一覧

読者からのハガキは毎月2000通 アクティブシニア層との深い絆
作家との関係性を生かす、老舗出版社ならではの取り組みとは?
読者に期待されるブランドコラボ企画 新潮社のナレッジを生かす
誌面、イベントでつなぐ 根底にあるのは「相互送客」の考え方(この記事です)
多様なジャンルのカルチャー発信 読者とのタッチポイントをいかに拡張するか
デジタルシフトに挑む!編集部の枠を超えブランドをフル活用
モデル、漫画家、編集者…人を育てる出版社ならではの多角的な発信
マーケティングパートナーとしての「雑誌」 編集者の知見はアイデアの発火点
業界をあげて取り組む 雑誌由来のデジタルメディアも調査対象へ
「広告メディア」の先に広がる可能性 雑誌ブランドに期待するもの

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する