広告マーケティングの専門メディア

EDITOR'S PICK キャンペーン

「シミたらシュミテクト」 知覚過敏体験イベントを開催

『シュミテクト 知覚過敏啓発キャンペーン』

成人の3人に1人が知覚過敏症状を経験(*1)。歯ぐきの退縮、エナメル質の磨耗などにより、歯の内側にあるやわらかい「象牙質」が露出してしまうことで発生する。

キャンペーンで「気付き」を与え知覚過敏ケアを推進

グラクソ・スミスクライン・コンシューマー・ヘルスケア・ジャパンは、知覚過敏症状予防ハミガキ「シュミテクト」の「シュミテクト 知覚過敏啓発キャンペーン」として、全国5都市にて「シュミテクト 知覚過敏体験イベント」を開催している。

今や知覚過敏症状は、成人の3人に1人が経験する身近な症状だと言われている(*1)。冷たいものや熱いものなどの刺激により、瞬間的な鋭い痛みを感じる症状だ。これを放置すると、症状が悪化する恐れもある。しかし、知覚過敏症状を感じている人の中で知覚過敏ケアハミガキを使っている人は約2割にとどまり、8割は他の歯磨き粉を使っているのが現状だ(*2)

*1)2014 Oral Health Care Categories Incidence and Penetration Omnibus(N=1000)

*2)2018 GSK調べ(N=600)

今回「シュミテクト」は、大阪、仙台、東京、福岡、名古屋の全国5都市で「シュミテクト 知覚過敏体験イベント」を開催。本イベントは昨年に続き、今年で2年目となる。来場者にアイスを食べてもらい、知覚過敏チェックを実施。参加者全員に知覚過敏症状予防ハミガキ「シュミテクト」をプレゼントし、「シミたらシュミテクト」の流れをつくった。

同社、オーラルヘルスマーケティング部の岡千世氏は、「今回のキャンペーンは、症状を感じていながらケアをしていない方々に知覚過敏ケア用の歯磨き粉を使ってケアしていただくことを目的としています。『シュミテクト』ブランドは、『知覚過敏症状のない日常生活という未来をつくること』が存在意義なので、それを体現するためにもこの試みは、とても重要な役割を果たしています」という。

オフラインとオンラインでの相乗効果を狙った施策

東北放送の「TBC夏まつり2018」や朝日放送テレビの「フード&スマイルフェス」など、各地のテレビ局のイベントにも出展した。イベントに合わせて放送されるテレビ番組の露出を通し、会場に来ている人だけでなく、電波も通じて知覚過敏啓発を行った …

あと54%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

EDITOR'S PICK キャンペーン の記事一覧

ソーシャル上で話題が拡散 養命酒と会話ができる「AI養命酒」
「シミたらシュミテクト」 知覚過敏体験イベントを開催(この記事です)
じゃがいもとの対立構造が話題! カルビー「さつまいも推し宣言」
メッセージ付きSOYJOYを贈って職場の新たなコミュニケーションツールに!
「クゥー!」3種のAPIを掛け合わせた「AIカビラくん」がFIFA W杯予想
「幸福の日」に合わせルミネエスト新宿がハッピーターン一色に
ベルばら風の似顔絵を自動で生成 アイスクレマアートの魅力を訴求する
ガチで頑張れば、汗もかく ニオイケアで若年層に寄り添う姿勢を示す
リツイート数は10万超 Twitterを軸にした割引キャンペーン
テレビ×リアル×デジタルで祭りを表現 「Tik Tok」も活用した、新発売施策
「ナポリタン」を話題化し、カゴメトマトケチャップの売上に貢献
マス広告から、ラーメン店へシフト!?『テレビ離れ』の若年層にアプローチ
「銀行らしくない」キャンペーンで、より身近な存在を目指す

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する