広告マーケティングの専門メディア

EDITOR'S PICK キャンペーン

リツイート数は10万超 Twitterを軸にした割引キャンペーン

日本ピザハット「ピザハット60周年 創業感謝祭」

キャンペーンの期間を通して"サンキュー"価格(39%OFF)で楽しめた「ピザハット・ベスト4」。既存ファンをターゲットに制作されたという30秒のショートムービーには、こだわりのピザ生地、そしてピザが焼き上がるまでの工程がぎっしり詰め込まれ、食欲をそそる内容に仕上がっている。

創業60周年を機に「ピザハット」の魅力を伝えたい

2018年6月15日に創業60周年を迎えた日本ピザハット。1958年に米国カンザス州のウィチタにおいて兄弟2人で始めたピザの事業が、同ブランドの始まり。その後、世界に広がって現在は100の国と地域へ展開し、店舗数は1万6000店舗に及ぶ。日本では1971年に第一号店がオープンして以来、デリバリーを中心に387店舗まで事業を拡大してきた。

そんな同社が、半世紀以上に及ぶ月日の中で培ってきた「ピザハット」の魅力を、より多くのカスタマーへ伝えるため、「ピザハット60周年 創業感謝祭」を実施した。その主な内容は期間限定の割引キャンペーンだが、リニューアルした直後の商品の魅力を伝える施策としての機能も果たしている。

「今回、こだわりのピザ生地『ふっくらパンピザ』、『ハンドトス』、『スペシャルクリスピー』をリニューアルしました。この60周年を機に、新しくなったピザ生地をたくさんの方に、お得にお試しいただけるよう、3つのキャンペーンを展開しました」。そう語るのは、日本ピザハットのマーケティング部、大沢仁氏だ。

顧客とのコミュニケーションはTwitterを重視して設計

本キャンペーンに取り組む前から、Twitterでの顧客コミュニケーションに力を入れているという同社では、今回の施策もTwitterを中心に据えて企画された。

例えば、Twitter「39(サンキュー)ルーレット」キャンペーンは、その名の通りTwitter上で実施された。その内容とは、Twitterインスタントウィンを取り入れており、公式アカウントのフォロワー数アップを狙ったもの。リツイートによるキャンペーンの認知・拡散や新規顧客の獲得も見据えたという …

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

EDITOR'S PICK キャンペーン の記事一覧

ガチで頑張れば、汗もかく ニオイケアで若年層に寄り添う姿勢を示す
リツイート数は10万超 Twitterを軸にした割引キャンペーン(この記事です)
テレビ×リアル×デジタルで祭りを表現 「Tik Tok」も活用した、新発売施策
「ナポリタン」を話題化し、カゴメトマトケチャップの売上に貢献
マス広告から、ラーメン店へシフト!?『テレビ離れ』の若年層にアプローチ
「銀行らしくない」キャンペーンで、より身近な存在を目指す
グルメ×地元をフックに、普遍的なテーマを訴求した花王「アタック」
ゲレンデを疾走するSUBARU車 リアルイベントでブランドの世界観も訴求
ONE OK ROCKとコラボ―幅広い世代に向けたホンダの企業広告
BOSSとラ王、発売25周年の人気ブランド同士が異色コラボ
自動車が「餅つき」! 新しさを求める層に向けたアウディの動画プロモーション
神社に巨大な「お父さん像」が登場!戌年にちなんだソフトバンクのプロモーションが話題

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する