広告マーケティングの専門メディア

EDITOR'S PICK キャンペーン

「クゥー!」3種のAPIを掛け合わせた「AIカビラくん」がFIFA W杯予想

AIを活用した試合予測。「2018FIFA ワールドカップ ロシア」で登場!

番組公式ホームページ上では6月11日〜7月15日の期間限定で、「AIカビラくん」との会話や、試合予想などの簡易体験を実施。フジテレビが中継する全8試合を予想した。

自国以外の対戦も盛り上げたい フジテレビの挑戦

日本中を熱くした「2018FIFA ワールドカップ ロシア」。FIFAランキング上位のコロンビアに勝利し、続くセネガル戦では引き分け、ポーランド戦では敗れはしたものの、強豪ぞろいのH組の中で日本は見事決勝トーナメントに進出。FIFAランキング3位のベルギーとも熱戦を繰り広げ、深夜にも関わらず、日本国内は大いに盛り上がった。

同時に、大迫勇也選手がコロンビア戦で決勝点を挙げると、瞬く間に「大迫半端ないって」のフレーズが拡散され、SNSだけでなくニュースでも連日放映される注目ぶりとなった。

もちろん、試合予想も白熱した。2010年の「FIFA ワールドカップ」南アフリカ大会では、タコの「パウル君」がドイツ戦と決勝の計8試合すべてを的中させ、世界的に話題となった。続く今回のロシア大会では白猫の「アキレス君」が勝敗を予想し、4試合連続で的中。アルゼンチン対ナイジェリアの予想結果は惜しくも外し、パウル君の偉業には届かなかった。

そんな中、フジテレビは自国以外の対戦も盛り上げるため、AIで試合予想をしていく「AIカビラくん」を開発。ジョン・カビラ氏を模した「AIカビラくん」が、フジテレビが中継する全8試合を予想し、視聴者も予想に参加する形式を作成した。

実施理由について、プランナーのひとりである東急エージェンシーの岩﨑菜々子氏は、「ジャパンテクノロジーとフジテレビのサッカーのビッグデータを融合させた人工知能搭載のロボットによる試合結果予想で世界を驚かせたいと考えました」と話す …

あと68%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

EDITOR'S PICK キャンペーン の記事一覧

メッセージ付きSOYJOYを贈って職場の新たなコミュニケーションツールに!
「クゥー!」3種のAPIを掛け合わせた「AIカビラくん」がFIFA W杯予想(この記事です)
「幸福の日」に合わせルミネエスト新宿がハッピーターン一色に
ベルばら風の似顔絵を自動で生成 アイスクレマアートの魅力を訴求する
ガチで頑張れば、汗もかく ニオイケアで若年層に寄り添う姿勢を示す
リツイート数は10万超 Twitterを軸にした割引キャンペーン
テレビ×リアル×デジタルで祭りを表現 「Tik Tok」も活用した、新発売施策
「ナポリタン」を話題化し、カゴメトマトケチャップの売上に貢献
マス広告から、ラーメン店へシフト!?『テレビ離れ』の若年層にアプローチ
「銀行らしくない」キャンペーンで、より身近な存在を目指す
グルメ×地元をフックに、普遍的なテーマを訴求した花王「アタック」
ゲレンデを疾走するSUBARU車 リアルイベントでブランドの世界観も訴求
ONE OK ROCKとコラボ―幅広い世代に向けたホンダの企業広告
BOSSとラ王、発売25周年の人気ブランド同士が異色コラボ

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する