広告マーケティングの専門メディア

EDITOR'S PICK キャンペーン

じゃがいもとの対立構造が話題! カルビー「さつまいも推し宣言」

カルビー『さつまいもの挑戦キャンペーン』

「さつまいも推し担当」の佐津舞子役を演じるのは、女優であり、青山学院大学在学中の井口綾子さん。「じゃがいも推し担当」の布袋徹部長役は、俳優の山崎銀之丞さんが演じた。

正式に「さつまいもを推す」宣言で企業の本気を伝える

カルビーは「さつまいも」か「じゃがいも」のどちらかを応援すると、抽選で「さつまいも系商品詰め合わせ100ケース」か「現金100万円」がもらえるWebキャンペーン(第2弾)を実施中だ。

本キャンペーンは、さつまいもの商品の魅力を訴求するため、7月17日から10月16日までの間に計3回に分けて行われる長期キャンペーンだ。

企画が生まれた経緯について、カルビー マーケティング本部 コミュニケーション部 部長の野堀和哉氏は次のように話す。「カルビーはじゃがいもを使用した商品の割合が圧倒的に高く、お客さまにとっても、じゃがいもの会社というイメージが強いと思います。しかし『おさつスナック』を筆頭にさつまいもを使用した商品もたくさんあることを伝えたい、と考えました。さつまいもを使用した商品単体でのプロモーション実施だけでは社内の優先順位が低くなってしまうので、お客さまにどう認知をしてもらうかが、課題になっていました」。

そこで生まれたのが、本キャンペーンの「さつまいもの挑戦」だ。カルビーが正式に「さつまいもを推す」宣言をすることで、「企業としての本気を伝えたい」という狙いがあるという。

カルビーの主なさつまいも商品。左から、「さつまいもん。黒糖さつま」「さつまいもん。バターさつま」「おさつスナック」「さつまりこ焼きいも」。

「判官贔屓」の深層心理を利用した動画を制作

キャンペーンではWebサイトで見ることができるオリジナル動画を制作した。「さつまいも」が下克上を目指すというカルビー史上初の展開を表現したドラマ仕立ての構成となっている …

あと58%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

EDITOR'S PICK キャンペーン の記事一覧

ソーシャル上で話題が拡散 養命酒と会話ができる「AI養命酒」
「シミたらシュミテクト」 知覚過敏体験イベントを開催
じゃがいもとの対立構造が話題! カルビー「さつまいも推し宣言」(この記事です)
メッセージ付きSOYJOYを贈って職場の新たなコミュニケーションツールに!
「クゥー!」3種のAPIを掛け合わせた「AIカビラくん」がFIFA W杯予想
「幸福の日」に合わせルミネエスト新宿がハッピーターン一色に
ベルばら風の似顔絵を自動で生成 アイスクレマアートの魅力を訴求する
ガチで頑張れば、汗もかく ニオイケアで若年層に寄り添う姿勢を示す
リツイート数は10万超 Twitterを軸にした割引キャンペーン
テレビ×リアル×デジタルで祭りを表現 「Tik Tok」も活用した、新発売施策
「ナポリタン」を話題化し、カゴメトマトケチャップの売上に貢献
マス広告から、ラーメン店へシフト!?『テレビ離れ』の若年層にアプローチ
「銀行らしくない」キャンペーンで、より身近な存在を目指す

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する