広告マーケティングの専門メディア

MARKETING DATA

スタートした電力自由化、内容理解に不安の声

生活スタイル研究所

千趣会が運営するベルメゾン生活スタイル研究所では、いよいよ4月からスタートした「電力自由化」を受け、これに関するアンケート調査を2月に実施した。調査によると、全体で66.2%の人が電力自由化に関心があると回答。ただ、具体的に自由化とはどういった内容なのかを知っている人は2割程度であった。さらに、電力会社を選ぶ際に注目するポイントを聞いたところ、全体で最も多かったのは料金の安さだったが、20代ではよりその傾向が顕著であった。一方で60代ではメニューや契約手続きの分かりやすさを重視する人がその他の世代に比べて高い結果となった。

あと21%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

MARKETING DATA の記事一覧

問題視される「歩きスマホ」!最も利用される機能は?
訪日中国人の日本旅行スタイルに変化!?
スタートした電力自由化、内容理解に不安の声(この記事です)
インスタを楽しむ女性急増 SNSの位置づけも明確に
ブランドスローガン、社内浸透のむずかしさが浮き彫りに
コミュニケーションチャネルの変化 LINEが前年比2倍と勢いを増す
「ながら」食事 テレビは全体の5割超え
多様性がキーワード 2016バレンタイン事情
ハロウィンやバブルラン…「群れ」の新しいトレンドとは
サービス評価に厳しい日本 接点での個別対応を重視
今年は何がヒットする!?生活者が選ぶ2016年ヒット予想
「耐え忍んだ」2015年 増えた個人消費と動画視聴
「自分磨き」に何をする?年代によって磨く項目に差

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する