広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

テレビ視聴減少、ネット利用拡大。NHK国民生活時間調査2015から

明石庸司

テレビは接触・時間とも減少

「テレビ離れ」「HUT減少への危惧」が語られて久しい。これを裏付けるような調査結果がまた発表された。NHK放送文化研究所(NHK文研)はこのほど、「国民生活時間調査」の結果を発表した。5年前に比べてテレビの視聴時間がほぼ全年代で減少、インターネットの利用が広がっている。

同調査は、1960年から5年ごとに実施している。日本人の睡眠や労働、家事、食事、テレビ視聴、インターネット利用など、普段の生活実態を「時間」の尺度でとらえようとするもの。

今回は昨年10月に全国の10歳以上の男女から無作為抽出した1万2600人を対象に実施し、63%の7882人から回答があった。

メディアへの接触状況(1日15分以上)で見ると、テレビは平日・土日とも85%。依然として国民のほとんどが接する“日常メディア”と言える。しかし、前回の2010年から平日・土日とも減少。男女年齢層別にみると、平日は男性50代以下、女性30・40代と幅広い年層で減少した。50代以上では男女とも90%超に対し、男性40代以下と女性20代以下では80%に満たない。特に男20代は62%、30代は69%といずれも大きく減り …

あと71%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

3月注目のニュースは?広告界ニュースダイジェスト
FacebookやGoogleなども参入、MWC’16から見たVR市場の展望
ビジネスイベントのトレンドに攻めのサステナビリティが立候補
プロモーションへの期待は失せてしまったのか?
特殊印刷技術をカギにしたOOHプロモーションとは
3月の新聞関連ニュースダイジェスト
テレビ視聴減少、ネット利用拡大。NHK国民生活時間調査2015から(この記事です)
2月の注目ニュースは?広告界トピックス
ディズニーの動画配信サイト「Disney Life」の可能性
ユニバーサルイベントの成功がユニバーサルな社会づくりに貢献する
“実販売店”の販売促進のカギは営業員支援プロモーション
ゲームの世界観をリアルに置き換えた体験型プロモーション
新聞ニュースダイジェスト―18歳選挙権を機に新聞各社がPRに注力ほか
「テレビ微増、ラジオ微減」2016年度営業収入見通し
放送とは違う発展をするインターネット動画 「CES 2016」現地レポート
進むカレンダー化とニッチ化 イベントによるコト消費のかたち
プロモーショナル・マーケター認証資格試験 近年の受験者傾向について考える

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する