広告マーケティングの専門メディア

ブランドマネージャーの戦略

社内スローガンは「カップヌードルをぶっつぶせ」

日清食品ホールディングス

現在では多くの企業で採用されるようになったブランドマネージャー制度。日清食品ホールディングスは先駆的に採用し、現在では同制度の成功企業として知られる。同社のブランドを統括する代表取締役専務取締役の安藤徳隆氏に、同制度における取り組みについて聞いた。

安藤徳隆(あんどう・のりたか)

1977年生まれ。日清食品ホールディングス代表取締役 専務取締役CSO(グループ経営戦略責任者)兼 マーケティング管掌。

非効率や不公平は大歓迎

ブランドマネージャー制度では、それぞれのブランドの利益を最大化させるため、「ブランドカンパニー」としてチームを形成する。安藤氏は同制度の採用について、「自社内でつぶされるようなブランドでは外でも通用しない。社内競争を激化させたいという狙いがありました」と語る。

同社のブランドチームは一つのブランドにつき平均で4名。ブランドマネージャーには「ブランドカンパニーの社長」としての役割が与えられている。「ブランドマネージャーは、宣伝や営業、開発などの12のプラットフォームとの交渉を担います。また、多くの企業は商品の原価を社内でも開示していませんが、当社ではブランドチームで売上と利益を管理できるシステムも確立しており、経営視点の判断力も要求されます」。

同社のブランドマネージャー制度における最大の特徴は、徹底した社内競争だ。社内のスローガンは「カップヌードルをぶっつぶせ」。ブランドマネージャーは全社的な利益は顧みず、あくまで自分のブランドの成功だけを考えればよいのだという。「各ブランドチームは、必要に応じて新製品委員会でプレゼンを行うことができます。そこで最終承認さえ得られれば、何でもありというスタンス。例えば、カレーメシなどのブランドを持つごはんチームが、カップヌードルのブランドを使いたいというようなケースもあります。そうしたブランドの貸し借りも、ライセンス料を支払えば問題ありません」。

ブランドを統括する経営陣の立場からすれば、こうしたプロセスは非効率ではないのか。「当社では効率性や公平性は一切追求しません。ブランドマネージャー同士で情報を隠し合うこともあり、同じような調査を会社としてダブルコストで行っているケースも少なくない。それでよいものができるのであれば、そうした非効率や不公平は大歓迎です」。

ロングセラーブランドの「Myブランド」化

CM「ガンダム」篇
ガンダムのディテールや、動きのリアリティを徹底追求。東日本大震災後、ガンダムにしか贈れないエールを発信。

CM「SURVIVE! リア獣との闘い」
篇ソーシャルメディアという若者にとっての日常を、彼らの共感を呼ぶ台詞と共に描いたエンターテイメントCM。

カップヌードルは発売43年 ...

あと58%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

ブランドマネージャーの戦略 の記事一覧

ユニリーバ「機能訴求の啓蒙により市場拡大狙う」/ロッテ「キャラクターを活用した施策を加速」
森永乳業「アーリーアダプター層へのアプローチ」/モルソン・クアーズ・ジャパン「広い認知だけでなく明確なポジショニング」
気鋭コンサルが語る「中小企業・老舗企業のブランド若返り戦略」
ハーゲンダッツジャパン「情緒的価値を求める消費への対応」/フィリップス「イノベーションやマーケティングのスピード重視」
ブランドロイヤルティ依存はどのようなリスクをもたらすか
ニベア花王「アクティブシニア層や若年層の中性化に注目」/日本コカ・コーラ「アクエリアス 増加する熱中症対策飲料No.1への挑戦」
顧客の声を徹底的に商品開発に活かすイオントップバリュ
ダノンジャパン「ダノンビオの購入頻度向上策」/日清食品「カレーメシの動画・SNSによる話題化術」
大正製薬「Webの強み活かした徹底販促術」
ジャパン ゲートウェイ「レヴールで仕掛ける価格訴求から価値訴求へ」/第一三共ヘルスケア「店頭販促強化するリゲインの展開」
三陽商会「クオリティ向上によりブランド価値向上へ」/シード「プロモーションを通じた安心感や信頼感の醸成術」
グンゼ「YGの現場力活かしたブランド浸透」/相模ゴム工業「末永く愛されるコンドームブランドへの育成術」
キリンビバレッジ「やさしさ生茶で潜在層の需要喚起」/グリコ乳業「プッチンプリンの購入頻度向上施策」
カバヤ食品「お客様の嗜好の予測精度をいかに上げるか」/キヤノンマーケティングジャパン「トリプルメディアの有効連携」
オリオン日本支社「インストアでサンプリング活動強化」/カゴメ「野菜生活でベネフィット価値を開拓」
エスエス製薬「女性の社会進出をサポートする『EVE』」/エバラ食品工業「黄金の味の利用シーンの拡大」
UCC上島珈琲「FULL THROTTLEで新カテゴリー創出狙う」/アサヒビール「やりくり消費からメリハリ消費への対応」
AGF「ライフタイムバリューを最大化する広告展開」
資生堂の新マーケティング宣言「100人採用でブランド強化」
サントリー×ホンダ×M・A・C  ブランドにイノベーションをもたらす3社の戦略 
社内スローガンは「カップヌードルをぶっつぶせ」(この記事です)

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する