広告マーケティングの専門メディア

挑戦する宣伝部長

味の素 広告部長が語る宣伝戦略/吉野家 宣伝企画部長が語る宣伝戦略

味の素/吉野家

「Cook Do®」回鍋肉 黄金比率篇
2014年4月よりオンエア。食卓で、夢中になって「Cook Do®」回鍋肉を豪快に食べる山口さん一家が見どころ。

1. 現場で重視していること、課題。
一人ひとりの生活者の課題解決を通じた価値創造が国内食品事業の課題であり、広告においても複雑化するライフステージに応じたメディアの選定が重要度を増している。ターゲット層の年齢、性別、エリアといった基本属性に加え、広告に接するオケージョン、インサイトを意識したクリエイティブとメディアミックスを推進していく。

2. 顧客や市場に関する注目点。
ターゲット層別のコミュニケーション戦略を強化していく中で、一つは高齢層、もう一つは10代・20代を中心とした当社の広告非接触層に特に注目している。前者に対してはBS放送の活用、後者に対しては、例えばスマートフォン等のデバイスやSNSに向けた広告の活用を中心に考えている。

3. 新しいコミュニケーション手法について関心や期待すること。
広告のユニバーサルデザイン化として、4月より地上波一社提供番組での字幕入りCMの放映を開始した。今後、地上波タイム・スポット、BS放送等での展開を加速するとともに、視覚障害をお持ちの方や、多言語化放送への対応もスタディを進めていきたい。また、進歩する脳科学分野の知見を取り入れ、“「右脳」での共感、「左脳」での理解”を進化させていく。

4. 宣伝や広告、マーケティング部門で強化したいこと。
この数年、広告クリエイティブとメディアミックス、店頭連動が噛み合い、「クノール®」カップスープや「Cook Do®」といったロングセラー商品の拡大ができてきている。こうしたブランド食品の勝ちパターンに磨きをかけていくと共に、あらゆる生活者とのタッチポイント(Webやネーミングライツ施設、工場見学など)におけるコミュニケーションを強化し、「AJINOMOTO」ファンを増やしていき ...

髙橋健三郎氏

味の素 理事 広告部長
あと52%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

挑戦する宣伝部長 の記事一覧

森永乳業 寺田文明広告部長が語る宣伝戦略「部門連携による速やかな施策実施」
嘉穂無線 グッデイ本部 販促企画室長が語る宣伝戦略「販促とブランディングのバランス」
参天製薬 薬粧事業マーケティング室長が語る宣伝戦略「広い視野を持つマーケターの育成」
大和ハウス工業 山本誠取締役が語る宣伝戦略「世の中から選ばれる会社になる」
楽天 中島謙一郎CMOが語る宣伝戦略「事業横断体制で顧客と向き合う」
日本メナード化粧品 マーケティング副本部長が語る宣伝戦略/JR博多シティ 営業部長が語る宣伝戦略
日本アドバタイザーズ協会 事務局長が語る従来型の宣伝とデジタルの関係
米国の広告主が行うデジタルマーケティング最前線
クリエイター座談会「『いい広告』にはクライアントとクリエイターの『いい信頼関係』がある」
佐藤可士和が語る「大きな視点で考えるのがクリエイターの役割」
ワコール 猪熊敏博 広報・宣伝部 部長が語る宣伝戦略「ものづくりの魂を広告に、クリエイティブの品質向上へ」
富士ゼロックス広報宣伝部長が語る宣伝戦略「社内のコミュニケーションから新しいアイデアが生まれる」
日本アイ・ビー・エム ブランド推進・宣伝部長 山口有希子氏が語る宣伝戦略「マーケターはブランドのストーリーテーラーとなれ」
花王 本間充氏が語る宣伝戦略「データが語るユーザー心理 お客様がしてほしいことから発想しよう」
アディダス ジャパン ブランドマーケティングディレクター語る宣伝戦略/キヤノンマーケティングジャパン 宣伝企画部部長が語る宣伝戦略
味の素 広告部長が語る宣伝戦略/吉野家 宣伝企画部長が語る宣伝戦略(この記事です)
クボタのコーポレート・コミュニケーション部長、コーセーの宣伝部部長が語る宣伝戦略
フォルクスワーゲン×ワールド×アフラック 3社特別座談会「女性マーケターが広告界を面白く」
三越伊勢丹ホールディングス 早川徹宣伝部長が語る宣伝戦略「突き抜けるクリエイティブ」
大正製薬 髙橋伊津美マーケティング本部長が語る宣伝戦略「情報の格差が、商品価値をつくる時代」
トヨタマーケ、アサヒビール、資生堂 3社現場トップが語る「広告の本質」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する