広告マーケティングの専門メディア

挑戦する宣伝部長

日本アドバタイザーズ協会 事務局長が語る従来型の宣伝とデジタルの関係

後藤浩一

広告活動の健全な発展によって社会貢献につなげようとする有力企業で構成される公益社団法人日本アドバタイザーズ協会は、生活者、メディアなど企業を取り巻く環境変化に対応しながら合理的な広告活動モデルの構築にも力を入れている。後藤浩一事務局長に昨今の課題と見解を聞いた。

日本アドバタイザーズ協会 事務局長 後藤浩一氏

従来型の宣伝とデジタルの関係

数年前、当協会で会員社の担当窓口部門の名称について調べたことがありますが、その際、「広告あるいは宣伝と名の付く組織」は6割程度でした。現在では、さらに異なる部門名が増えているように思えます。これらが物語っているように、「宣伝部長」が担う役割や責任はより広範かつ多様になっています。特に大きいのはデジタル分野からの影響でしょう。

広告の分野で、マスメディアとWebの融合が言われて久しいですが、企業内でこれを実現するのは容易ではないようです。担当する人材も作法も異なり、共通言語や認識が乏しい中ではなかなかスムーズにかみ合わない状況がみられるようです。マーケティング活動の中でデジタル施策は必須の時代ですが、デジタルを担う部隊は企業によって宣伝部内、広報部内、技術系部門内、場合によっては独立した部門内に存在するといった具合で、実にさまざまです。

マスメディアとSNSをはじめとするデジタルメディアを連動させることが、広告コミュニケーション活動に求められる中、それを実現するための宣伝の組織体制は検討すべき大きな課題であり、マスとWebの間をつなぐ“何か”がいま必要なのだと思っています。アドバタイザーはその“何か”を模索しているように思えます。

様々な媒体に関する新しい広告効果指標が出揃うのは大変有益なことです。実現にご尽力をいただいた皆様には大変感謝いたします。

しかし、広告出稿の現場では、個々のデータではなく、それらが有機的に結びつかないことには有効なデータにはなり得ません。大手のアドバタイザーばかりでなく、誰もが使いこなすことのできるデータにするために、従来メディアとWebが一つの有機体となって、新しい評価法を作っていかなければならないと思います。

クリエイター的発想に突破口? ...

あと41%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

挑戦する宣伝部長 の記事一覧

森永乳業 寺田文明広告部長が語る宣伝戦略「部門連携による速やかな施策実施」
嘉穂無線 グッデイ本部 販促企画室長が語る宣伝戦略「販促とブランディングのバランス」
参天製薬 薬粧事業マーケティング室長が語る宣伝戦略「広い視野を持つマーケターの育成」
大和ハウス工業 山本誠取締役が語る宣伝戦略「世の中から選ばれる会社になる」
楽天 中島謙一郎CMOが語る宣伝戦略「事業横断体制で顧客と向き合う」
日本メナード化粧品 マーケティング副本部長が語る宣伝戦略/JR博多シティ 営業部長が語る宣伝戦略
日本アドバタイザーズ協会 事務局長が語る従来型の宣伝とデジタルの関係(この記事です)
米国の広告主が行うデジタルマーケティング最前線
クリエイター座談会「『いい広告』にはクライアントとクリエイターの『いい信頼関係』がある」
佐藤可士和が語る「大きな視点で考えるのがクリエイターの役割」
ワコール 猪熊敏博 広報・宣伝部 部長が語る宣伝戦略「ものづくりの魂を広告に、クリエイティブの品質向上へ」
富士ゼロックス広報宣伝部長が語る宣伝戦略「社内のコミュニケーションから新しいアイデアが生まれる」
日本アイ・ビー・エム ブランド推進・宣伝部長 山口有希子氏が語る宣伝戦略「マーケターはブランドのストーリーテーラーとなれ」
花王 本間充氏が語る宣伝戦略「データが語るユーザー心理 お客様がしてほしいことから発想しよう」
アディダス ジャパン ブランドマーケティングディレクター語る宣伝戦略/キヤノンマーケティングジャパン 宣伝企画部部長が語る宣伝戦略
味の素 広告部長が語る宣伝戦略/吉野家 宣伝企画部長が語る宣伝戦略
クボタのコーポレート・コミュニケーション部長、コーセーの宣伝部部長が語る宣伝戦略
フォルクスワーゲン×ワールド×アフラック 3社特別座談会「女性マーケターが広告界を面白く」
三越伊勢丹ホールディングス 早川徹宣伝部長が語る宣伝戦略「突き抜けるクリエイティブ」
大正製薬 髙橋伊津美マーケティング本部長が語る宣伝戦略「情報の格差が、商品価値をつくる時代」
トヨタマーケ、アサヒビール、資生堂 3社現場トップが語る「広告の本質」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する