広告マーケティングの専門メディア

挑戦する宣伝部長

フォルクスワーゲン×ワールド×アフラック 3社特別座談会「女性マーケターが広告界を面白く」

フォルクスワーゲン グループ ジャパン/ワールド/アフラック

政府は「女性が輝く日本」を成長戦略の一つに掲げている。市場や顧客層に新しい価値提案を行いながら、自身も輝き、管理職としてマーケティング部門を率いる女性部長たちは、冷静かつ情熱的に社内外を動かしている。広告マーケィングの仕事の可能性と理想像を語ってもらった。

お客様のメリットを徹底的に考える

―消費者の心理や購買行動の変化をどのように感じていますか。

鶴▼お客様は商品やサービスを購入する際、まずネットやSNSで調べて、自分の価値観に合うものを選ぶようになりました。こうした変化が背景にありますので、広告コミュニケーションにおいても、メーカー目線で一方的なメッセージを伝えるのでなく、クルマを持つことで、ちょっと上質なライフスタイルが実現するイメージをひもときながら伝えるようにしています。

澤村▼かつて保険は営業職員や販売代理店の方から勧められて入るものでしたが、今は複数の保険を比較し、家族と相談してから加入されるケースが増えてきました。各社の保険商品がネットで簡単に比較できるようになった環境変化も大きいです。特に最近では、保険商品についても、AISASで言うところのA(Attention=注意)やI(Interest=関心)を通り越して、まずはS(Search=検索)から入る傾向があり、AやIをコミュニケーションで感じてもらうこと自体ハードルが高くなっています。

佐藤▼ファッションの世界でも、eコマースの普及は大きいと感じています。ネットで服を買うなんて、7年前には考えられませんでした。このような変化をふまえて、お客様に選んでもらえる服をどう提案できるかが重要です。そのためにはまず対象者を知ることが大切です。「20歳代」「30歳代」というのは、属性の分類でありターゲットとは言いません。服を着る人たちがどんな環境で生活しているのか、どのようなライフスタイルなのかを具体的に知らないと、生活者に響く服は作れません。

―仕事を進めていく上で、心がけていることは何でしょうか ...

あと67%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

挑戦する宣伝部長 の記事一覧

森永乳業 寺田文明広告部長が語る宣伝戦略「部門連携による速やかな施策実施」
嘉穂無線 グッデイ本部 販促企画室長が語る宣伝戦略「販促とブランディングのバランス」
参天製薬 薬粧事業マーケティング室長が語る宣伝戦略「広い視野を持つマーケターの育成」
大和ハウス工業 山本誠取締役が語る宣伝戦略「世の中から選ばれる会社になる」
楽天 中島謙一郎CMOが語る宣伝戦略「事業横断体制で顧客と向き合う」
日本メナード化粧品 マーケティング副本部長が語る宣伝戦略/JR博多シティ 営業部長が語る宣伝戦略
日本アドバタイザーズ協会 事務局長が語る従来型の宣伝とデジタルの関係
米国の広告主が行うデジタルマーケティング最前線
クリエイター座談会「『いい広告』にはクライアントとクリエイターの『いい信頼関係』がある」
佐藤可士和が語る「大きな視点で考えるのがクリエイターの役割」
ワコール 猪熊敏博 広報・宣伝部 部長が語る宣伝戦略「ものづくりの魂を広告に、クリエイティブの品質向上へ」
富士ゼロックス広報宣伝部長が語る宣伝戦略「社内のコミュニケーションから新しいアイデアが生まれる」
日本アイ・ビー・エム ブランド推進・宣伝部長 山口有希子氏が語る宣伝戦略「マーケターはブランドのストーリーテーラーとなれ」
花王 本間充氏が語る宣伝戦略「データが語るユーザー心理 お客様がしてほしいことから発想しよう」
アディダス ジャパン ブランドマーケティングディレクター語る宣伝戦略/キヤノンマーケティングジャパン 宣伝企画部部長が語る宣伝戦略
味の素 広告部長が語る宣伝戦略/吉野家 宣伝企画部長が語る宣伝戦略
クボタのコーポレート・コミュニケーション部長、コーセーの宣伝部部長が語る宣伝戦略
フォルクスワーゲン×ワールド×アフラック 3社特別座談会「女性マーケターが広告界を面白く」(この記事です)
三越伊勢丹ホールディングス 早川徹宣伝部長が語る宣伝戦略「突き抜けるクリエイティブ」
大正製薬 髙橋伊津美マーケティング本部長が語る宣伝戦略「情報の格差が、商品価値をつくる時代」
トヨタマーケ、アサヒビール、資生堂 3社現場トップが語る「広告の本質」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する