広告マーケティングの専門メディア

国内企業のデジタルマーケティング実態

次世代のデジタルマーケティング、キーワードは「統合」

キリン×日本航空×コクヨ

企業でWEB・デジタル業務を担当しながら、それぞれ広告、広報、ソーシャルと異なる領域を主戦場とする3人。WEB部門・担当者に求められる役割の変遷や、現在抱える課題、今後の展望について意見を交わした。

026_01.jpg

小川直樹(おがわ・なおき)(左)
キリン CSV本部 コーポレートコミュニケーション部 Web推進担当 SNSチーム
1992年キリンビール入社。2004年にインターネット関連業務の部署へ異動。メルシャンを経て、現在はキリンビール7つの公式ソーシャルメディアと共創コミュニティ「キリンビールカンパイ会議」の戦略立案・PDCAを推進中。

佐藤詠美(さとう・えみ)(中)
コクヨ 広報コミュニケーション部 クロスメディア企画グループ
家具営業などを経て、2000年より社内公募によりウェブマスターとなる。現在は、コクヨグループWEBサイトを統括しながら、主にブランド発信にかかわるコンテンツを企画・運営する。2012年6月に動画サイト「コクヨチャンネル」を立ち上げ、現在約60本の広報動画を自社メディアで配信している。

関口和生(せきぐち・かずお)(右)
日本航空 調達本部 調達第二部 営業グループ マネジャー
1999年からJALでWEB宣伝を担当。現在はWEB販売部と調達本部と兼務し、JALおよびJALグループのWEB宣伝のコスト管理、実務を実施。さらに宣伝部とも連携し、ブランディング目的の宣伝活動と売上直結型の販促活動の両方の企画立案から効果検証までを実施している。

『効率化』の光と影どうなる? 次世代の担当者

――WEBのお仕事を長く担当されている皆さんですが、特に関口さんは99年からこの領域に関わっています。

関口▶ 99年頃はバナー広告のクリック率が30~50%という時代があったんです。それがあっという間に1%を切るまでに低下して。当初はユーザーにとってもバナー広告が目新しく、クリック率の変化はユーザー側のリテラシー向上の表れだと思いますね。

佐藤▶ サイトの集客率も低下しています。以前はどこの企業もリッチなコンテンツに力を入れていましたが、「お金をかけて凝ったクリエイティブにしても、見てもらえない」という諦めの気持ちもあってか、過度に効率的なサイトを目指す方向にあることに懸念を抱いています。

あと76%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

国内企業のデジタルマーケティング実態 の記事一覧

密着!バンダイ WEB担当者の1日
密着!昭文社 WEB担当者の1日
デジタルリテラシーを高めるため、現場担当者は何ができる?
養命酒製造と再春館製薬所に聞いた「老舗企業にデジタルの風を吹き込むには?」
次世代のデジタルマーケティング、キーワードは「統合」(この記事です)
2014年の注目施策、一位は「オウンドメディアマーケティング」
なぜ、ユニリーバ「AXE」のキャンペーンはいつも成功するのか?
17人から60人に大幅増員!常勝デジタルチームのつくり方
なぜ、あの企業は「振り切った」デジタルキャンペーンを実現できるのか?
Web研・本間 充代表に聞く「2014年、デジタルマーケティングを成功に導く7つのポイント」
マーケターの6割超「自社のデジタル対応は遅れている」と認識
417人のマーケターに調査、「デジタルマーケティングの専任組織あり」は28.5%

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する