広告マーケティングの専門メディア

泉 麻人のたのしい広告採集

「刀 買います」

泉 麻人

082_01.jpg

イラスト/蛭子能収

以前にも書いたが、調べものをしに国会図書館の新聞資料室へよく行く。新聞の縮刷版をめくっていて、いつもちょっと気になるのが、小見出しほどのサイズの表札型の広告。ほぼ3行のスペースをとっているから、こういうのも“三行広告”の部類に入るのかもしれないが、どれも商品や会社名、電話番号くらいがぽつんと表示されているだけ。たとえば昭和42年の読売新聞には、「トモエ算盤」「マルコメみそ」「日東紅茶」「象印わたふとん」「お菓子 月ヶ瀬」「トーサンズボン」...記事の中にそんな広告が点在する様は、田舎のローカル線の窓越しに見るホーロー看板のようで、妙な風情を感じる。ちなみに「トーサンズボン」ってのは、手元にある昭和33年の読売新聞縮刷版にもよく見る常連さんで、戦前の人気漫画キャラ・のんきなトーサンらしきマークがあしらわれている。ネットで検索していたら、デイリーポータルZに載った昭和33年頃のやや大型の広告が紹介されていた。街頭をゆく紳士モデルの写真に添えて、「エレガントな細いものが流行しております。ズボンの裾巾も8インチ半で、それ以上は時代遅れといわれています」と、かなり思い切った断定調のコピーがある。トーサンズボン、ますます気になってきた。

あと54%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

泉 麻人のたのしい広告採集 の記事一覧

「刀 買います」(この記事です)
ケロリンの連射攻撃
<人工頭脳>の時代(1965年/ナショナルカラーテレビ)
近江の警察電車(滋賀県彦根市)
グリコCMと天津甘栗(東京都渋谷区)
「玉の肌石鹸」って?(東京都港区JR浜松町付近)

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する