広告マーケティングの専門メディア

国内企業のデジタルマーケティング実態

Web研・本間 充代表に聞く「2014年、デジタルマーケティングを成功に導く7つのポイント」

本間 充

組織づくり、人材育成、スキル・知識向上、ツール選び...WEB・デジタル活用においてはまだまだ課題が山積みという企業も少なくない。自社のデジタルマーケティングを一歩前身させるために、すべきこととは?

034_001.jpg

1. 業務プロセスのデジタル化

「デジタルマーケティング」の業務において、注目されてきたのはネット活用とデータ分析の2つだと思いますが、いま僕が最も重要なポイントだと考えているのは、「宣伝部門やマーケティング部門の業務って、デジタル化・IT化されていますか?」ということです。顧客接点は次々とデジタル化しているのに、それに付帯する業務はIT化されていません。たとえばネット広告のデータはメール入稿ですし、テレビCMはディスク納品。ディスク自体はデジタル化されているとは言え、業務プロセスはかなりアナログです。ここが今後、諸外国と比較した際に日本のマーケティングの大きな問題になってくるのではないかと考えています。「デジタルマーケティング」と呼ばれる取り組みはもちろん進めていかなければならないのですが、その足元の業務がデジタル化されていないことが、大局的な見地から言って、ひとつ問題だなと感じています。

2. 部門内の情報・ノウハウ共有

WEB・デジタルの担当者と4マスメディアの担当者の間で情報・ノウハウが十分に共有されていない状況も懸念しています。たとえば、リアルタイムに広告枠を購入できるのがネット広告の基本ですが、今やテレビ、ラジオ、新聞・雑誌の電子版の広告も技術的にはリアルタイムで購入することが可能です。そんな基本的なことでも、宣伝・マーケティング部内で共有されていないケースが散見されます。WEB領域では当たり前のようにやっているのに、4マスではできていないことがある。それが業務効率の低下や機会損失につながっていると考えています。

あと79%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

国内企業のデジタルマーケティング実態 の記事一覧

密着!バンダイ WEB担当者の1日
密着!昭文社 WEB担当者の1日
デジタルリテラシーを高めるため、現場担当者は何ができる?
養命酒製造と再春館製薬所に聞いた「老舗企業にデジタルの風を吹き込むには?」
次世代のデジタルマーケティング、キーワードは「統合」
2014年の注目施策、一位は「オウンドメディアマーケティング」
なぜ、ユニリーバ「AXE」のキャンペーンはいつも成功するのか?
17人から60人に大幅増員!常勝デジタルチームのつくり方
なぜ、あの企業は「振り切った」デジタルキャンペーンを実現できるのか?
Web研・本間 充代表に聞く「2014年、デジタルマーケティングを成功に導く7つのポイント」(この記事です)
マーケターの6割超「自社のデジタル対応は遅れている」と認識
417人のマーケターに調査、「デジタルマーケティングの専任組織あり」は28.5%

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する