広告マーケティングの専門メディア

現代 宣伝・広告の実務

広告・宣伝担当者が知るべき「PRの基礎と目的」

大島幸男

PRの真の目的とは、生活者に自社を知ってもらい、理解し、好きになり、商品を購入する・入社する・株式保有する...という行動にまで高めることにある。PRの基礎について大島幸男氏が解説する。

Point1

マスコミが取りあげない自社の事実を、広告によって確実かつ戦略的に発信することを考えるべき

Point2

不要なステークホルダーと、切り捨てるのではなく、細くとも長い活動を意識的に継続しておくべき

Point3

PRの大きな任務は、企業の中長期計画に基づいて、営業部門では手を出しにくい将来の発展に重要なステークホルダーの育成に向けて早くから種まきをしておくこと

広報やPRという言葉は、企業で初めて広報や宣伝に携わる者にとって、極めて曖昧な言葉で、「広報は、マスコミを通して行う無料の情報発信」で「PRは、会社の費用で行なう広告宣伝行為」と思っている傾向が高いと思います。

あと94%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

現代 宣伝・広告の実務 の記事一覧

マーケティング活動にどう活かす?PR発想の体質づくり
広告・宣伝担当者が知るべき「PRの基礎と目的」(この記事です)
オウンドメディアで「必然に出逢った」ユーザーを顧客化する方法
Web仙人・増井達巳さん「企業に統合型Webマスターが必要な理由」
進化するマーケティングの統計モデリングを理解するには?
基本からわかる、「DMP」運用のための3ステップ
ラストクリック偏重の功罪。「広告効果の可視化」による波紋を考える
Hanako、Martの企業タイアップに見る、共感を作る「編集長の力」
第6のメディアの出現「マスコミからスマコミへ」
新聞広告の日に未来の新聞を考える
まとめサイトなど「ミドルメディア」の登場で変わった、ニュースの生態系
HD映像からCM運用まで、デジタル技術はテレビをどう変えたか

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する