広告マーケティングの専門メディア

国内企業のデジタルマーケティング実態

デジタルリテラシーを高めるため、現場担当者は何ができる?

シチズン時計×三菱レイヨン・クリンスイ×セメダイン

リアルの世界では高い認知度、ブランド力を持つ企業が、ネット・デジタル空間においても同様に消費者のマインドシェアを高めるために、今取り組むべきことは何か。また、そこに進出していく上で課題となる社内の問題とは。

066_01.jpg

左から
加藤 昌哉(かとう・まさや)
シチズン時計 シチズンブランド事業本部 戦略企画部 担当課長
戸越 隆弘(とごえ・たかひろ)
三菱レイヨン・クリンスイ ダイレクトコミュニケーション部
手塚 努(てづか・つとむ)
セメダイン 営業統括本部 営業統括部 管理グループ 課長

新メディアへの対応後れは克服していきたい

加藤▶ シチズンブランドは、これまで機能性を全面に打ち出すコミュニケーションをグローバルで展開してきました。しかし、社会の変化に合わせて人々の価値基準が変わり、「機能性が高く、丈夫で、リーズナブルであれば良い」という時代は終わりつつある。ブランド認知が高いだけでは不十分で、ブランドが持つイメージや世界観がその人の感性にフィットするかどうかが、モノを選ぶうえでの重要なポイントになっており、ブランディングの重要性を今改めて感じています。私の所属している部門は世界の各拠点のスタッフや社内各部門との調整役を担いながら、グローバル全体の戦略を考えています。そこでは当然、デジタルマーケティングに関する議論も出てきますが、歴史があるばかりに、新しいメディアに対する理解や対応で後れをとりがちなのが課題です。

戸越▶ 当社は、来年販売30周年を迎える浄水器メーカーです。浄水器自体が一般の認知が低く、使用率は40%程度。また、ご家庭で浄水器を設置していても、どのブランドのものかを知らないという方も少なくありません。消費者とブランドとの接点をいかに増やしていくかが目下の課題です。私は、長く広告宣伝・マーケティング部に所属していましたが、2013年10月にダイレクトコミュニケーション部にも籍を置き、お客様との直接コミュニケーションも併せて担当するようになりました。WEB・SNS、デジタル領域のほか、12月11日に都内にオープンした“こだわりの水を体感できる”カフェ「MIZUcafe」の企画運営にも携わっています。お客様と直接接点を持たなかったメーカーのビジネスモデルの中で、私のような部門に人材を割くことはまだまだ難しい。そこでどう効率的に進めていくべきかを模索しているところです。

あと78%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

国内企業のデジタルマーケティング実態 の記事一覧

密着!バンダイ WEB担当者の1日
密着!昭文社 WEB担当者の1日
デジタルリテラシーを高めるため、現場担当者は何ができる?(この記事です)
養命酒製造と再春館製薬所に聞いた「老舗企業にデジタルの風を吹き込むには?」
次世代のデジタルマーケティング、キーワードは「統合」
2014年の注目施策、一位は「オウンドメディアマーケティング」
なぜ、ユニリーバ「AXE」のキャンペーンはいつも成功するのか?
17人から60人に大幅増員!常勝デジタルチームのつくり方
なぜ、あの企業は「振り切った」デジタルキャンペーンを実現できるのか?
Web研・本間 充代表に聞く「2014年、デジタルマーケティングを成功に導く7つのポイント」
マーケターの6割超「自社のデジタル対応は遅れている」と認識
417人のマーケターに調査、「デジタルマーケティングの専任組織あり」は28.5%

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する