広告マーケティングの専門メディア

国内企業のデジタルマーケティング実態

密着!バンダイ WEB担当者の1日

バンダイ 押川晃子

40人体制のネット戦略室のミッションは、限定商品を中心に扱うECサイト「プレミアムバンダイ」の売上向上だ。押川さんはそこで、サイト価値向上と集客促進に向けたPRを担当している。

「プレミアムバンダイ」は2013年6月で会員数100万人を突破。バンダイの注力事業の一つだ。押川さんは商品・キャンペーンのプレスリリース配信を中心に、PR全般を担当している。「基本的なWEB知識の習得はもちろん、メディアの人たちに響くリリースの書き方や、情報の拡散ルートを見極めた効果的な配信先の選定、効果測定...。メディア担当者と積極的に会ってアドバイスをもらいながら、ゼロから知識・ノウハウを蓄積してきた」。

押川さんが掲げるWEB PRの方針は、「売上向上とPR効果の両立」。たとえば、リリース配信タイミングも売上に直結しやすいよう、注文開始1~2時間前にするなど、従来型のPRとは異なる手法にも積極的にトライしている。WEB PRの効果が実証されるにつれてリリース配信希望案件が増えたため、最近では各事業部に原稿作成業務を任せるように。押さえるべきポイントを併記した原稿のひな形を作成して各事業部担当者に配布している。肌感覚で身に付けてきたノウハウを部内に共有し、WEBリテラシーの底上げを図るのも押川さんの仕事だ。

あと67%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

国内企業のデジタルマーケティング実態 の記事一覧

密着!バンダイ WEB担当者の1日(この記事です)
密着!昭文社 WEB担当者の1日
デジタルリテラシーを高めるため、現場担当者は何ができる?
養命酒製造と再春館製薬所に聞いた「老舗企業にデジタルの風を吹き込むには?」
次世代のデジタルマーケティング、キーワードは「統合」
2014年の注目施策、一位は「オウンドメディアマーケティング」
なぜ、ユニリーバ「AXE」のキャンペーンはいつも成功するのか?
17人から60人に大幅増員!常勝デジタルチームのつくり方
なぜ、あの企業は「振り切った」デジタルキャンペーンを実現できるのか?
Web研・本間 充代表に聞く「2014年、デジタルマーケティングを成功に導く7つのポイント」
マーケターの6割超「自社のデジタル対応は遅れている」と認識
417人のマーケターに調査、「デジタルマーケティングの専任組織あり」は28.5%

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する