日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

メディアの現場から

海陸空の物流を網羅し80年『日本海事新聞』の編集方針

『日本海事新聞』

報道対応を担当するPRパーソンにとって、気になるのがメディアの裏側。企業取材のスタンスや、プロデューサーや編集長の考えに迫ります。

『日本海事新聞』編集局DATA

  • 部数:非公表
  • 発行:日刊(土日・祝日休刊)
  • 購読料:9350円(電子版+紙版/月額/税込)
  • 創刊:1942年
  • 形態:ブランケット判
  • 業種別読者層:
  • 『日本海事新聞』は海運をはじめとした陸海空の物流産業にかかわる最新動向を伝える専門紙。取締役3名の全員が元&現IT企業経営者という特色もあわせもつ。2019年以降、紙版トップ記事を前日夕刻に「海事電子版」にアップし、スマホやタブレットへのプッシュ通知で速報をいち早く読者に届けるなど、DX(デジタルトランスフォーメーション)を積極的に推進している。

    2022年4月11日付1面トップの見出しは「上海ヤード都市封鎖で操業停止」。上海市のロックダウンにより、中国の造船所などが操業を停止して再開のめどが立っていないと伝えた。また3月7日付1面トップでは商船三井が台湾の洋上風力発電に出資すると伝え、日本の海運会社としては初の参画であると報じた。同社編集局長の山本裕史氏は「ストレートニュースを重視し、最新の情報を伝えています。伝統的な海運、造船に加え、物流DX、ベンチャー企業や再生可能エネルギー関連に力を入れているのが弊紙の特色です」と語る。

    4月12日付インタビューコーナーでは日本郵船専務執行役員で同1日付で経営企画本部長に就いた曽我貴也氏に取材。「貨物としてアンモニアやCO₂、水素など新エネルギーを安全・安定輸送しカーボンニュートラル社会の実現に貢献する」と同氏は述べている。

    「変革期の舶用メーカー」と題する連載インタビューの3月7日付では国内で建造する大型船でのシェア100%の汽笛メーカー伊吹工業の新宅章弘社長が登場。マストや船尾などに...

    あと60%

    この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

    メディアの現場から の記事一覧

    海陸空の物流を網羅し80年『日本海事新聞』の編集方針(この記事です)
    40周年迎えた『モノ・マガジン』心に刺さる物語を伝える
    建設計画からユニホームまで扱う『日刊建設工業新聞』の編集方針は?
    「人生100年時代」に寄り添う『婦人公論』の編集方針
    鉄鋼、非鉄金属業界の専門紙『鉄鋼新聞』、編集方針は?
    反響呼ぶヒット商品ランキング 複合的視点で消費トレンド予測
    特色ある授業から給食まで扱う『日本教育新聞』、編集方針は?
    昨夏復刊、1号1テーマ深掘り 性やフェムケアの話題にも迫る
    エレクトロニクス業界の専門紙『電波新聞』の編集方針は?
    『めちゃモテ』『インスタ映え』20代女性の心つかみ40周年
    日本最古・最長の証券専門紙 『日本証券新聞』の編集方針は?
    販売部数1位のファッション誌 加齢否定しない女性打ち出す

    おすすめの連載

    特集・連載一覧をみる
    広報会議Topへ戻る

    無料で読める「本日の記事」を
    メールでお届けします。

    メールマガジンに登録する