日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

メディアの現場から

40周年迎えた『モノ・マガジン』心に刺さる物語を伝える

ワールドフォトプレス『モノ・マガジン』

報道対応を担当するPRパーソンにとって、気になるのがメディアの裏側。企業取材のスタンスや、プロデューサーや編集長の考えに迫ります。

ワールドフォトプレス『モノ・マガジン』DATA

  • 発売日:毎月2日、16日
  • 創刊:1982年5月
  • 編集体制:1班4人(+外部スタッフ)の2班体制。月2回の発行のため、月刊誌をつくるようなスケジュール感覚で交互に担当している。
  • 1982年に創刊し、モノ情報誌のパイオニアといわれる『モノ・マガジン』(ワールドフォトプレス)。モノにこだわる読者からの支持が厚く、1980年代にはフライトジャケットやジッポーライターといったトレンドも生み出した。主な読者層は30~40代の男性だが、創刊初期から手に取っている60代の読者も多いという。

    現在発売されている男性誌の中では珍しい、月2回発行(年間で22冊)の同誌。取り扱うテーマはファッションからライフスタイル、雑貨、グルメ、エンタメ、カルチャーまで幅広く、毎号飽きさせない。アウトドアや文房具、バイクなどの定番企画で昔からのファンを魅了させつつ、今まで『モノ・マガジン』を読んだことがなかった層にもリーチできるチャレンジングな企画も織り交ぜることができるのが強みだ。

    年間22冊発行の強み

    「モノは文化だ!」をコンセプトに掲げる『モノ・マガジン』。編集長の前田賢紀氏は「モノが背負っているヒストリーを丁寧に紹介することで、単に『便利だから』『スペックが良いから』というだけでは割り切れない、うまく言語化できないけれど『これが欲しい!』『心に刺さる!』と思ってもらえるような誌面にすることを意識しています。つまり、情報価値よりも情緒を攻めるということです」と語る。

    近年で大きな反響を得た特集が、「憧れの木の家 風の時代のBESS」と題した2022年2月16日号だ。人気ログハウスブランドのBESSの魅力を約60ページにわたり徹底深掘り。さらに、2022年3月2日号ではダイハツの軽商用車「ハイゼット」について約50ページを割いて紹介するなど、ワンブランド・ワンメーカーに特化した特集が人気を博している。

    この背景にあるのは、コロナ禍を経て読者が雑誌に求めている質が「“広く浅く”よりも“狭くても深い”ものへと加速している」からと前田氏は指摘する。このようなエッジの効かせ方ができるのも、年間22冊発行している『モノ・マガジン』ならではだ。

    広報担当者の人柄が肝に

    取り上げるテーマは、各編集部員の趣味や好きな分野から企画化することも多い。また、プレスリリースや広報・PRの担当者からの情報提供も参考にしているという。「皆さん、私の興味ある・なし、知っている・知らないにかかわらず、幅広い情報を教えてくれるので...

    あと60%

    この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

    メディアの現場から の記事一覧

    海陸空の物流を網羅し80年『日本海事新聞』の編集方針
    40周年迎えた『モノ・マガジン』心に刺さる物語を伝える(この記事です)
    建設計画からユニホームまで扱う『日刊建設工業新聞』の編集方針は?
    「人生100年時代」に寄り添う『婦人公論』の編集方針
    鉄鋼、非鉄金属業界の専門紙『鉄鋼新聞』、編集方針は?
    反響呼ぶヒット商品ランキング 複合的視点で消費トレンド予測
    特色ある授業から給食まで扱う『日本教育新聞』、編集方針は?
    昨夏復刊、1号1テーマ深掘り 性やフェムケアの話題にも迫る
    エレクトロニクス業界の専門紙『電波新聞』の編集方針は?
    『めちゃモテ』『インスタ映え』20代女性の心つかみ40周年
    日本最古・最長の証券専門紙 『日本証券新聞』の編集方針は?
    販売部数1位のファッション誌 加齢否定しない女性打ち出す

    おすすめの連載

    特集・連載一覧をみる
    広報会議Topへ戻る

    無料で読める「本日の記事」を
    メールでお届けします。

    メールマガジンに登録する