日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

テレビPR実践編

挑戦する異色のベーカリー 意外性がテレビ露出の鍵に

メイカセブン

薄皮の中にぎっしり詰まった、断面の美しいあんこが特徴のパン。東京江東区にある地域密着型のベーカリー・メイカセブンの人気商品だ。様々な番組から出演依頼が続き、ついにはドキュメンタリー番組からも声が掛かった。

インパクトあるあんぱん。その源泉は店長の挑戦心
メイカセブンの店長・関口明美氏。下は、メイカセブンの目玉商品「うす皮あんパン」。約200グラムのあんこがたっぷり詰まっている。

口コミで話題となり、今や継続的にメディア取材が舞い込むようになったメイカセブン。その理由のひとつに商品の「うす皮あんパン」がある。約200グラムのあんこを薄皮の生地に詰めた結果、断面はほぼあんこになるなど、非常にテレビ映えする。

ベーカリーがイベントも開催

メイカセブンにはパンを販売しているだけでない店独自の“意外性”がある。そこに今回は注目したい。

例えば、イベント開催。店長の関口明美氏は「うちは店舗内で絵本の読み聞かせなどイベントもやっていて、それが理由で様々な人が訪れます」と語る。イベントを始めた理由は。「読み聞かせを通じて、地域の人たちにとってほっとできる空間として店を使えないか、と考えました。そこで、読み聞かせができる人を募集して、月1回の頻度で始めました」。そうして、かれこれ5年近く続けているという。

こうした活動がどのようにテレビ露出につながっているのか。例えば、2016年、地元商店街のイベントに参加。メイカセブンは...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

テレビPR実践編 の記事一覧

サウナドラマのロケ地として注目を浴びた「北欧」継続的に取材を受けるその秘訣とは?
ドラマ美術協力、スタッフの発信力を高め露出効果の最大化へ
テレビ露出の広報効果を最大限に高めるには?
テレビ制作者が求める 出来る広報の特徴とは?
テレビディレクターが取材したくなる企画書 22のコツ
海外のような景観がロケ地に好評!番組に合わせた映像提供が選ばれる鍵
工場内や試験室も撮影OK!番組側の要望に応え露出につなげる
挑戦する異色のベーカリー 意外性がテレビ露出の鍵に(この記事です)
年間約300件の番組に出演 テレビに好かれる、その秘訣
厳しい日程で取材依頼が!それでも対応可能な理由とは
今知りたいテーマに関する技術 加えて「画になる」要素も
取材意欲を喚起、テレビ取材に結びつきやすいリリースとは?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する