日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

担当者が語るIRの現場

格差なき情報開示を心がけるユナイテッドアローズのIRとは?

ユナイテッドアローズ

従来の定型的な情報開示に留まらず、多様な方法で株主や投資家、アナリストに社の魅力を伝えようと試みる、IR実務担当者によるリレー連載です。

株主の情報格差を是正しようと、IRサイトで迅速に情報を更新。
決算発表後は2営業日以内に動画を公開している。

ユナイテッドアローズは1989年の創業以来、セレクトショップの運営を柱に、紳士服・婦人服およびアパレル雑貨などの企画・販売で成長を遂げてきました。グループ334店舗*1で売上は約1310億円(15年3月期)。国内衣料品マーケットでのシェアは1%ほどですが、「クロムハーツ」のようなハイエンドブランドから「コーエン」のように、都市近郊のショッピングセンターに展開するストアブランドまで、トレンドマーケットを幅広く網羅しているのが特徴です。

*1 2015年3月末時点・海外2店舗を含む]

企業価値向上は「おもてなし」

小売業ですから、「株主さま=お客さま」と捉え、個人投資家はもちろん、機関投資家の皆さまに対しても「おもてなし」をしたいと考えています。円安や増税への打ち手が遅れた結果、2017年3月期を基準としていた中期計画は一旦下げましたが …

あと73%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

担当者が語るIRの現場 の記事一覧

格差なき情報開示を心がけるユナイテッドアローズのIRとは?(この記事です)
対面とネットを使い分けるコニカミノルタのIR戦略
東京海上グループの全体像を伝える自社サイトとは
「地域特化で取り組む強み」とは? 福岡リアルティが語るIR活動
株価急上昇で投資家も注目 富士重工業のIR戦略の裏側

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する