日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

「伝わる」文章術

文書ミス防止は危機管理の基本、校正・校閲ミスを防ぐポイント

木下彰二(共同制作社 代表取締役社長)

あらゆる制作物の品質管理に欠かせないスキル、それが校正・校閲力です。ひとつのミスが命取りとなり、企業の株価下落や信頼を失う事態を招くことも……。「危機管理」の一環として、万が一のミスを未然に防ぐ方法を確立しておきましょう。

7割以上が「ヒヤリ体験」あり

今回の広報担当者を対象としたアンケートでは、「文章力」のみならず自身の「校正・校閲のスキル」について自信の有無を聞いたところ、45.7%が「自信あり(自信がある/まあまあ自信があるの合計)」と答えている。

その一方で、「校正漏れや誤字脱字などのミスにより、ヒヤリとした経験・あるいはクレームやお詫びなどに発展した経験はありますか」という質問については、72.2%が「ある」と回答。自信の有無にかかわらず、7割を超える担当者が何らかのミスによって冷や汗をかいた経験があるという実態が浮き彫りになった(図1)。

「謝る」「訂正記事を出す」「反省文を書く」など対応は各社各様だが、社内外に誤った認識が流布したり、エンドユーザーの行動を左右したり、時には株価下落など企業価値がダウンするような事態が起こる可能性もゼロではない。ミスを未然に防ぐ方法を確立することが最重要課題である。

約300人の校正者が登録するプロダクション・共同制作社(東京・千代田)の木下彰二社長によると、「金融や製薬会社など専門用語が飛び交う企業では、分厚いマニュアルをしっかり作成しているケースもあるが、最低限の基準として …

あと77%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

「伝わる」文章術 の記事一覧

広報担当者の告白「私の校正ミス、ここで懺悔します」
外部ライターへの発注、成否はオリエンテーションで8割決まる
文書ミス防止は危機管理の基本、校正・校閲ミスを防ぐポイント(この記事です)
広報が避けて通れない「礼状」「代筆」書き方Q&A
執念深い承認プロセスに負けない!「伝わる社内報」を生むチェックリスト50
広報担当者が「伝わる」文章を書くための10の心構え

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する