日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

「伝わる」文章術

執念深い承認プロセスに負けない!「伝わる社内報」を生むチェックリスト50

相山大輔(産業編集センター)

社内広報媒体の担当者は、文章力や企画力に長けた「編集者」の視点だけでなく、「経営者」「読者」の視点も求められます。産業編集センターの相山大輔氏が提案する、社内取材力を磨くための50のチェックポイントとは。

空気を読みすぎるのもNG

社内報は特殊な媒体である。一見するとよくある雑誌のようだが、決してマス媒体ではない。極論すれば、いわゆるミニコミ誌であり、企業をめぐる同人誌である。身内に向けて身内が作るがゆえ、独特の工夫や注意が必要だ。

社内広報担当にとってまず重要になるのが、社内の空気を読む力である。このタイミングでこの表現は適切か、経営の意図や発行目的に沿っているか、他の事業部が読むと不快にならないか、読んだら現場はモチベートされるのか。全方位的に目を配りながら誌面を作る必要がある。

一方で空気を読みすぎれば、つまらない記事になる。読み手に配慮するあまり、情報過多の無駄に長い文章や、エッジが取れて毒にも薬にもならない記事になっているというケースはよくある。ほどよい冒険が必要だ。

絶妙なさじ加減が求められるがゆえ …

あと86%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

「伝わる」文章術 の記事一覧

広報担当者の告白「私の校正ミス、ここで懺悔します」
外部ライターへの発注、成否はオリエンテーションで8割決まる
文書ミス防止は危機管理の基本、校正・校閲ミスを防ぐポイント
広報が避けて通れない「礼状」「代筆」書き方Q&A
執念深い承認プロセスに負けない!「伝わる社内報」を生むチェックリスト50(この記事です)
広報担当者が「伝わる」文章を書くための10の心構え

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する