日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

オフィスイノベーション

まさにクリエイターの天国!約2倍に拡大したコロプラの新オフィスに潜入

コロプラ

新しいアイデアや事業は、社内のコミュニケーションの場から生まれることも少なくない。こうした作用を生み出すスペースを設けている企業のオフィス哲学とは?

img01

社内用の会議室や打ち合わせスペースが集まった9階の「コロプラパーク」。リラックスした空間が広がり、テレビモニターにつないだゲーム機を置くなど遊び心も忘れない。中央には広々としたフリースペースがあり、社員たちが思い思いの場所で談笑する場面も。奥に見えるのは、コロプラの企業キャラクターである巨大な「クマ」。

事業拡大にともない、コロプラは2008年からの6年間で実に5回もの移転を繰り返してきた。今回の移転計画は2014年度に入ってから動き出し、9月には実行されたという異例の早さ。以前と同じ恵比寿ガーデンプレイスビル内でのフロア移転ながら、そのスペースは約2倍に。3年後を見据え、1000人規模のオフィス空間ができあがった。

今回のオフィスは「コロプラ史上、最もクリエイティブなオフィス」(経営企画部 広報・IRグループ グループマネージャー 斉藤久良良さん)と銘打っているように、社員の8割を占めるデザイナー、エンジニアなどクリエイターたちに楽しみながら仕事に取り組んでもらうべく、たくさんの遊び心で満たされている。計3フロアで構成されており、リフレッシュエリアを充実させた「コロプラパーク」(9階)、南国をイメージしたリフレッシュエリア(11階)、一軒家にあるリビングのようなスペースを共存させた執務エリア(10階)と、くつろぎながら働ける環境は何とも贅沢そのもの。

移転プロジェクトのメンバーは取締役副社長の千葉功太郎氏を中心とした4人で構成。メンバーを絞り込むことで、スムーズな意思決定を実現できたという。中でも特徴的であるのが ...

あと58%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

オフィスイノベーション の記事一覧

まさにクリエイターの天国!約2倍に拡大したコロプラの新オフィスに潜入(この記事です)
新宿西口のスバルビルから48年ぶりに移転、恵比寿の新オフィスに潜入!
先進の技術と自然が調和、ソフトバンク・テクノロジーの新オフィスへ潜入!
「社員はアスリート、工場はスタジアム」創業50年、茨城県のものづくり企業の新オフィス
クボタ東京本社が移転、新オフィスで「グローバル企業」アピール
テーマは「夏フェス」、フリークアウトの六本木オフィスに潜入

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する