日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

オフィスイノベーション

新宿西口のスバルビルから48年ぶりに移転、恵比寿の新オフィスに潜入!

富士重工業

新しいアイデアや事業は、社内のコミュニケーションの場から生まれることも少なくない。こうした作用を生み出すスペースを設けている企業のオフィス哲学とは?

エントランスホールは7メートルもある高い天井と、シンプルなデザインで奥行きと広さを感じさせるつくり。星座をモチーフにしたオブジェはアーティストの笹口数氏によるもので、SUBARUのブランドイメージをさりげなく演出している。ショールームには220インチのモニターが設置され、通常時はテレビCMなどを放映。南北の壁面がガラス張りで、自然な明るさが長時間キープされている。

これまで新宿西口のシンボルでもあった新宿スバルビルから、実に48年ぶりに恵比寿の新社屋へと本社を移転した富士重工業。8月の移転時に実施された、新宿エリア周辺への感謝の気持ちを表したプロジェクションマッピングも大きな話題となった。

2010年に新宿スバルビルの売却が決まると、総務部が中心となった移転プロジェクトが組まれ、準備を開始。「より快適なオフィス環境にするために、社員たちには数十問にわたるアンケートを実施して意見を集めました。また、過去の社内報なども読み返し、オフィス環境改善のためのヒントも探しました」(総務部 山藤和典部長)。このアンケートの回答率は7割程度もあったといい、社員たちの移転に対しての関心と期待の高さを強く感じたという。

社員たちから多くあった要望のひとつが ...

あと65%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

オフィスイノベーション の記事一覧

新宿西口のスバルビルから48年ぶりに移転、恵比寿の新オフィスに潜入!(この記事です)
先進の技術と自然が調和、ソフトバンク・テクノロジーの新オフィスへ潜入!
「社員はアスリート、工場はスタジアム」創業50年、茨城県のものづくり企業の新オフィス
クボタ東京本社が移転、新オフィスで「グローバル企業」アピール
テーマは「夏フェス」、フリークアウトの六本木オフィスに潜入
犬&ネコが社内を自由に闊歩する、マース ジャパンのオフィスに潜入

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する