販売促進の専門メディア

Topics Recap

くら寿司が「スマホdeくら」サービス開始 スマホからメニュー注文も可能に

広告界の動向、ビジネスニュース、販売促進に関する新製品、新サービス、イベントなどの最新情報をコンパクトにお届けします。

【キャッシュレス】
くら寿司が「スマホdeくら」サービス開始 スマホからメニュー注文も可能に


回転寿司チェーン「無添くら寿司」を運営するくら寿司(大阪・堺)は7月16日、スマートフォンを活用した店舗運営の効率化サービス「スマホdeくら」を開始した。この導入により、来店客1組あたり約5分の滞在時間の短縮を見込む。

テーブル予約、席案内、メニューの注文、決済、持ち帰り予約を包括したサービス。「くら寿司公式アプリ」をダウンロードし、会員登録をすることで、利用できる。アプリで予約後、店頭の自動案内機でチェックインすると、座席が案内される。席では従来、備え付けのタッチパネルからしか注文ができなかったが、スマートフォンからの注文も可能に。特に複数人で来店した場合の注文時間の短縮を見込む。

また席への案内までの待ち時間にも事前注文ができるため、初回注文の時間の短縮もできる。アプリは最大6台のスマートフォンに連携でき、合算会計や個別会計にも対応。日本語のほか、英語、中国語の簡体字と繁体字にも対応している。

そのほか、これまでは電話のみで受け付けていた持ち帰り予約もアプリを通して利用可能に。店舗側での伝達ミスの解消や、電話対応人員の削減につなげる。

決済では、「LINE Pay」「楽天Pay」と連携した。電子決済は9月末まで、持ち帰り予約は11月上旬まで、自動案内機は2020年10月末までにそれぞれ全店舗で導入予定。スマートフォンからのメニューの注文は9月末までに約250店舗でのサービス開始を予定している …

あと74%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

Topics Recap の記事一覧

ECと実店舗 両方利用が8割 店舗では食料品、ECでは家電を希望
くら寿司が「スマホdeくら」サービス開始 スマホからメニュー注文も可能に(この記事です)
キャッシュレス対応で社員食堂を無人化
「プレゼント・キャンペーン」に関する調査 直近1年で6割が応募経験あり
市場の拡大続くドラッグストア 大手の経営統合が進む
「eスポーツ」を新しい文化に 「全国高等学校eスポーツ連盟」が今夏設立
「No.1表示」を消費者はどう受け取る? 「人気がある」3割も「信ぴょう性に欠ける」4割
日本気象協会が小売業向け需要予測 ビッグデータの有効活用を推進
スポンサードが続くeスポーツ UCCがコーヒーを通じてサポート
消費増税にむけ7割弱が「駆け込み」検討 シニア層は「キャッシュレス利用増える」傾向
クックパッドの生鮮EC配達ボックス カラ鉄などに設置
第38回白川忍賞に仲畑貴志氏 特別功労賞はデルフィスの土橋代幸氏
飲食店「リピーター作り」に高い関心 キャッシュレス導入も半数超え

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する